« 被災地の瓦礫と、日本のガン | トップページ | 落語台本「あの世寄席」(前編) »

バッチイ被災地、キレイな神奈川県

「神奈川を瓦礫から守る会」の言い分チラシ。
非常に不快である。

まず「震災瓦礫は放射能汚染されています」と断定から始まる。
具体的な数値を見せることなく、刺激的文章で住民心理を突く。

関東の廃棄物は被災地よりも放射能汚染されている」。
うちらだって困ってるんだ、ということか。

その廃棄物を処理しきれないのに、
瓦礫なんか受け入れられない、というのが彼らの言い分だ。
しかし、これとて数値で示してはくれない。

別の支援方法があります」。
出ました「おためごかし」。

具体的には、「被災地に処理施設を作ればいい」。
これはつまり「放射能は東北に押しつけろ」ということ。

そんな奥歯に物がはさまった言い方だから、
岩手側も納得できないのではないか?

というか、関東で処理しきれないという
「被災地よりも汚染された廃棄物」も、
その被災地処理施設に押しつけるつもりではないのか。

被災地に落ちるべき国税で、(神奈川の)一部業者が潤うだけ」。
だからどうしたというのか。
適切な対価を支払って何が悪い。

瓦礫を拒否されることの損害のほうが莫大だ。

で、「神奈川のきれいな大地を守りましょう」。
納得させたつもりだろうが、そうはいかない。

そもそも神奈川県は、いままで福島で造られた電気の恩恵にさんざん浴してきたはず。
(直接ではないとしても、間接的にはいくらでもご厄介になったはずだ)

それを「子供達の未来」という免罪符でごまかしたって、
真っ黒いおなかは見えてますよ。

ヒサイチはバッチイ」ってはっきり言えばいいのに。
言いたくないんだろう。

さんざんおいしいところを持って行って、
いざとなると「尻ぬぐい」もやらせようとする。

何も「危険に飛び込む神奈川県の清廉さ」を賞賛したいんじゃない
(そもそも、危険じゃないと岩手側は何度もご説明している)。
「瓦礫から守る会」のような人々のレトリックに腹が立つと言っているのだ。

岩手側は説明を尽くすと言っているのに聞く耳持たない頑迷さと、
面倒を押しつけて自分たちは回避したい一心なのに、
おためごかしや美辞麗句でごまかそうとする小ずるいやり方に腹が立つ。

瓦礫を受け入れてくれる(であろう)神奈川県には感謝するつもりだが、
「神奈川を瓦礫から守る会」は、
岩手県民として、許すわけにはいかない。

被災県の、田舎者のエゴだと言うなら言え。
都会のエゴに、こっちはさんざんつきあわされてきたのだ。

|

« 被災地の瓦礫と、日本のガン | トップページ | 落語台本「あの世寄席」(前編) »

「ニュース」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
ざっくり見ましたけどひどいもんですねぇ

確かに恩恵を受けてますからねぇ。その地域は


私は別に受け入れても構わないけど、そっちも一般市民(笑)が反発してるみたいでどうしようもないです


一向に進まない復興
もう駄目だねこの国は\(^O^)/

投稿: murky | 2012.02.29 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/53926948

この記事へのトラックバック一覧です: バッチイ被災地、キレイな神奈川県:

« 被災地の瓦礫と、日本のガン | トップページ | 落語台本「あの世寄席」(前編) »