« 落語台本「あの世寄席」(後編) | トップページ | 小売業・サービス業の神髄とは? »

松屋盛岡アイーナ店

Matsu1

盛岡駅西口「アイーナ」1階の空きテナントに
牛丼の「松屋」が1月末に入った。
少し遅くなったが、入店してみた。

紹介しようと思った矢先、昨夜になって
A級モリオカンサイト「愛Loveもりおか」に先を越されてしまったが
ご紹介しておく。

アイーナは県の施設。
この場所には「OLAHO」という名前のカフェが入っていた。
地元系のようだったが正直ぱっとしない感じで、結局退店。

以後空きの状態が続いていたが、
入札によって松屋フーズが獲得、開店と相成った。

松屋HPにもある通り、盛岡市内では3店舗目
(なお岩手県内にはまだ盛岡市内しか出店してない)だが、
なんと7年ぶりの出店らしい。

夕方に行ったが、隣のこざっぱりしたラーメン店と比べても
黄色い看板はとても目立つ。

中は案外広く、テーブル席が窓側と壁側にあり、
平行カウンターが店の中央にあるが、スペースが広く取られている。

そしてアイーナ側にも自動ドアがあるので、
アイーナの中からも入れるようになっている。
券売機は道路側、アイーナ内部側の両方に置かれている。

まあシステム自体は特段変わったところはない。
普通に券売機で注文すれば食事が運ばれてくる。

もちろん弁当のテイクアウトも可能。
ただしアイーナ館内は食事の持ち込み禁止となっており、
店内にもその張り紙があった。

少し驚いたことがあって、
この日はスプーンがつくメニューを注文したのだが、
そのスプーンが、細かい傷が無数についた、
だいぶくたびれたスプーンであった。

不潔だとかそういうことを言う気はないのだが、
新規開店の店なのになぁ…とちょっと不思議に思った次第。

Matsu2

さて、この店は24時間営業だそうだが、
近隣の有料駐車場にさっと車を止めて、
パパッと食事をすませるために入店、というケースが考えられる他、
マリオスに停車する「深夜バス」の利用者にも重宝されるのではなかろうか。

夜の11時ごろ、バスと客が鈴なりになっているのが毎晩見られるが、
これらの客のニーズが見込めるほか、
東京方面から朝5時~6時ごろに到着した客が
朝食を取るために入店するケースも考えられる。

ファミリーマートも24時間営業だが、食べる場所がない。
松屋はそのあたりもキチッと考えて出店したのだろう。

食事を終えて店を出る頃にはだいぶ暮れなずんできていたが、
隣のラーメン店には客がいなかった…。
まあ開店景気というやつかもしれないが。

ただ、ラーメン店の方はチェーン店でもなく地味な上に
(「愛Love」にもあるとおり、以前は同名の店舗が市内にあった)、
松屋と違って看板も控えめなので、
このまま黙っていると客をみな取られちゃうような気がする。

|

« 落語台本「あの世寄席」(後編) | トップページ | 小売業・サービス業の神髄とは? »

岩手県」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/53954578

この記事へのトラックバック一覧です: 松屋盛岡アイーナ店:

« 落語台本「あの世寄席」(後編) | トップページ | 小売業・サービス業の神髄とは? »