« 吉本の社長が考えていること | トップページ | 笑点を考える »

落語は都会のもの

愛知県のイベントプランナーみたいなオバサンのツイートが、
リツイートの波で流れてきた。

田舎のジジババが変なタイミングで笑ったのに腹を立てたという
立川談志のドキュメンタリー映像を引き合いに出し、
「落語は都会で聴くものだ」「"田舎者"の客はヤボってものだ」。

少し腹が立ち、「田舎者で悪かったね」みたいなツイートを吐いたら、
リプライしたわけではなかったが、めざとく見つけてこられて謝られた。

「田舎在住と"田舎者"は違う意味で書いたつもりだったけど…」
そんなこと言われても、ねぇ。

まあ、でもこのオバサンの言うことにも一理あるとは思う
(いちおう、そういうニュアンスを込めたツイートをしたんだけどね)。

結局、落語というモノは都会で生まれた(あるいは洗練された)文化なので、
田舎者が口を出すのは「野暮」なのだろう。

ラジオやテレビといったメディアによって、
地方在住者でも落語を享受できるようにはなったが、
落語の本拠地たる「寄席」に常日頃触れられるのは、
せいぜい東京近郊、上方なら大阪近郊に住んでいる人に限られる。

寄席日記」や「HOME★9」を、
生の寄席やホール落語情報を得るために購読しているが、
読んでて腹立たしくなってくることもある。

贅沢すぎるんだもの。
「昨日の高座のほうがよかった」なんて毎日のように書かれたら。

その最たるものが「ミスター落語評論家」広瀬和生か。
あるいは「ずんずん落語評論家」堀井憲一郎とか。

しょせん、田舎にいればそんな幸福に浴すことはできない。

立川談志は「江戸の風を伝えることが落語には大切だ」と説いている。
江戸=いにしえの東京。
田舎はダメなのだ。ヤボなのだ。

落語でも、田舎者は嘲笑の対象である。
「五人廻し」「お見立て」「手水回し」「勘定板」…。
「金明竹」もある意味そうかな。

落語に出てくる田舎者は、「江戸の粋」が分かっちゃいない
「愚鈍な人物」として、東北弁と九州弁をゴッチャにしたような
「田舎弁」を使って描かれる。「五人廻し」のお大尽なんか典型的だ。

…もう、田舎者は割り切ってしまうしかない。
いくらがんばっても、我々田舎者は江戸っ子にはなれないのだ。

田舎者なりに、落語を楽しむ。これでいいのではないか。
寄席はなくとも、市民ホールや公民館に噺家が来てくれるじゃないか。
「五人廻し」のお大尽も、仲間だと思ってしまおう。

東京の半分以上は田舎者でできている。
落語家も地方出身者が大半だ。そう思えば、気楽なもんだ。
広瀬和生みたいにやたら寄席通いするのは「落語中毒患者」と思って笑ってしまおう。

落語を「つまみ食い」できる贅沢を味わおうではないか…
ウーン、無理があるか(笑)

とにかく「落語は都会のもの」であることを無理に覆そうとせず、
適度にヒガミながら、自然体で付き合いましょう、ってことで…。

|

« 吉本の社長が考えていること | トップページ | 笑点を考える »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/53776189

この記事へのトラックバック一覧です: 落語は都会のもの:

« 吉本の社長が考えていること | トップページ | 笑点を考える »