« ダビング大作戦 | トップページ | ハシズム »

ザ・バザール

盛岡市の伝説的レコード店「佐々木電気」が破産・閉店して2年弱。
長らくシャッターの閉まっていた建物にテナントが入居した。
「ザ・バザール」という名前のスーパーマーケットである。

Bazaar

超有名どころの盛岡ブログ「イワテライフ日記」&「愛Loveもりおか」で
開店の情報は仕入れていたが、
訪れたのはきょうがはじめて。

外から見ると何の店かは分かりにくい。
怪しい健康食品の店にも見えなくはないが、
窓から中をのぞけばスーパーだとは分かるだろう。

中に入る。広さはコンビニよりはやや広い程度。
真っ白な壁はいささかインパクト不足で、
スーパーのトレンドからは明らかに外れている。

運営しているのは、大通り「CAT&DOG」、
津志田「ロビンフッド」などを運営する酒類卸「山田酒店」。
同社のサイトにはまだ情報はない。

だからスーパーとしてはやや垢抜けない感じがする
(その垢抜けなさは「ロビンフッド」でも感じる)。

入店後、左手にレジ、右手には野菜コーナー。
さらに壁づたいに鮮魚コーナー、肉コーナーが続いている。
品揃えは最低限であるが、小ぶりなキャベツ1玉80円など、
それほど高いというわけでもない。

壁には卸し先の名前が掲示されている。
野菜は「フルーツ・タケウチ」、魚「田清魚店」、
肉「にまいばしミート」(花巻市)。

こういうの何ていうんだっけ。コンセ? テナント?
…まあいいや。

弁当は300円台からあるようだが、
あいにくお昼休み後の時間帯で、弁当・惣菜はほぼ品切れであった。
残っていたフライを買ったが製造者は「山田酒店」と書かれている。
おそらく「ロビンフッド」で作っていると思われる。

自慢の酒類はさすがに取り扱いも多く、
店の手前側、1/3程度のスペースが取られている。
新ジャンルの6缶パックが620円ほどのお買い得価格。
テーブルワインも1本480円から。

おつまみ類の多さを指摘する声がネット上に多いが、
確かに缶詰やクラッカーなどの品揃えは豊富で、
お菓子コーナーには外国製の菓子もいくつか。

また変わったところでは、
奥の方に業務用冷凍食品のストッカー、
そしてワインセラー2機の中でうやうやしく眠るワインの数々。
飲食店の多い場所柄だろうか。

なお雑貨はあまり取り扱っていないようだ。
コンビニに譲ったのだろう。

価格帯については、非チェーン店舗ということで、安いものは安いが、
それなりのものはそれなり、とみる。

あくまで近所の住人や仕事帰りの勤め人、
飲食店関係者をターゲットにしている店舗であろう。

競合としては百貨店の「カワトク」や、
MOSSビル「ベルプラスワン」が相当する。
ただカワトクはデパートだし、ベルプラスワンは大通りの端っこの対極。
むしろ、自社の「キャッツ&ドッグ」が比較的近い。

いずれ、意外に食料品店の少ない地域ではあるし、
業務用も置いているので、それなりに支持されるのではないだろうか。

ところで、レジを通す際にクレジットカード端末が見えたので、
店員に確認して使ってみた。

カードを使えるのは便利なのだが、
緑色のクレジット売上票を渡されただけで、
レシートは渡してくれなかった。ま、こういう店はたまにあるけど、
できればレシートは渡して欲しいものである。

気が利かないところは、スーパー専業でない運営会社の弱点といえるが、
少しずつ改善していただいて、地元で愛されるお店になってほしいものである。

|

« ダビング大作戦 | トップページ | ハシズム »

「小売業」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/53599216

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・バザール:

« ダビング大作戦 | トップページ | ハシズム »