« ブランドと社名 | トップページ | facebookと投書欄 »

KIZUNA

漢字能力検定協会が毎年制定している「今年の漢字」が
「絆(きずな)」に決まったという。(朝日

どう考えても「震」じゃないかと思ったが、ランキング上は3位。
そして実は「阪神淡路大震災」の起こった95年で1位であった。

確かに、「絆」は震災以降、よく聞いた漢字、言葉である。

しかし、この「絆」が本当に今年を表す漢字なのか。
一字の「絆」ではなく二字の「糸半」が適当ではないのか。

糸が半分、思いが相手につながらない一方通行。
そんな「忸怩たる思い」をいろんな人が抱いている。

仮設住宅はほぼ完成したが、被災地はいまも瓦礫の山。

この瓦礫を処理しなければ復興などままならないのに、
受け入れしてくれる自治体はごくわずか。

東京都が受け入れたが、
石原慎太郎が「受け入れたらいいじゃねーか」と啖呵を切れば、
苦情が殺到。

大阪は、「受け入れるところがない」と宣言した候補が市長の座を明け渡したが、
そのいっぽうで、「瓦礫受入れやめて@大阪」なんて市民団体が
ネットでときの声を上げる。

“大阪・関西のかわいい子ども達の未来のために、
東北の放射能を持ち込まないで”。

“瓦礫はいらない、東北で処理して”
“東北が放射能の海になってもかまわない、だって関西は関係ないから”…
という主張の運動を、かつて震災を経験した大阪の人がやっている。
絆もへったくれもあったもんじゃない。

京都からは送り火の焚き木を拒否され、
福岡では物産展が中止に追い込まれた。

山本太郎は「俺は給料が1/10になっても戦う」と叫び、
千葉麗子はがなり、「きっこ」は今日もねちっこい。

福島の農家はオウムの信者と同じだ、と言って
騒ぎを起こした大学教授は、反省するどころか怪気炎を上げるばかり。(読売

彼らの高らかな大声は、
「俺は関係ない」と思っている連中が支持するばかり。
被災地には届いちゃいない。

ネット上では面白半分にはやし立てる連中が
人の心を踏みにじる遊びに興じる。

ネットだけでなくテレビでも、「汚染されたお米をプレゼント」と
不謹慎なジョークが炸裂する始末。

報道記者たちは復興そのものを追わずに、
議員や閣僚の言葉尻を捕らえることに血道を上げ続ける。

そのマスコミがよく使った言葉が「絆」なんて、悪い冗談としか思えない。

どこに、「絆」なんかあるんだか…。
糸は半分しか伸びていないじゃないか。

|

« ブランドと社名 | トップページ | facebookと投書欄 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/53469611

この記事へのトラックバック一覧です: KIZUNA:

« ブランドと社名 | トップページ | facebookと投書欄 »