« もてもてナインティナイン | トップページ | 神様HELP »

まめぶ汁

先日、仕事で久慈市に出向いた際、
立ち寄った「歴止路広場」なるグルメストリート的なスポットで
立ち寄ったお店で食した「まめぶ汁」。
これが結構美味しかった。

ニンジンとか厚揚げ、油揚げなどの刻んだものが入った、
しょうゆ味の汁物なのだが、
メインとなるのが「まめぶ」というオダンゴ。

直径2センチ程度の小麦粉でできたお団子で、
クルミと黒砂糖が入れられている。

油揚から出た油っ気の広がった、しょうゆ味のお吸い物と、
まめぶの甘さのマッチングの妙。

さらにまめぶの歯触りと、ニンジンなどの歯触りの融合。
まめぶの甘さにまとわりつく、クルミの脂肪分がまたたまらない。

けんちん汁ともスイトン汁とも違う。
とにかくさまざまな味の要素が波状攻撃で襲ってくるのである。

久慈市と合併した「山形村」の郷土料理で、
合併先である久慈市では、「まめぶ汁」を「B級グルメ」として
プッシュしているそうだが、なるほど理解できる。

さっそく近くのお店で「まめぶ」そのものをゲットし
(大体冷凍したモノが売られているようだ)、
盛岡の自宅に持ち帰って「まめぶ汁」を再現してみた。

当然、素人料理では、現地の味は望むべくもないが、
久慈から持ってきたまめぶと、
油揚とニンジンとしょうゆ味で、そこそこいい線行くのよ。

ただ、次に食べられるのはいつの日か…。
まめぶをゲットするのは久慈にいかないと無理。
久慈市のサイトには作り方も書いてあるけど、
おそらく熟練しないと難しいと思う。

まさに「久慈市に行かないと味わえない」「買えない」、
「土着の味」「庶民の味」。B級グルメここにあり、であろう。
ぜひ、久慈市で味わって(あるいは買って)ほしい逸品である。

|

« もてもてナインティナイン | トップページ | 神様HELP »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

facebookページの「久慈まめぶ部屋」で「ANNEX]様の記事を紹介させていただきました。おいしそうなリポートに思わずよだれが出そうでした。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 久慈まめぶ部屋 | 2011.11.06 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/53148405

この記事へのトラックバック一覧です: まめぶ汁:

« もてもてナインティナイン | トップページ | 神様HELP »