« 面倒臭い大臣、松本龍 | トップページ | 九州人の「急終」~復興の道遠し »

無駄になった文章

(この文章は7月5日朝までに書いていたものであり、
その直後に松本大臣が辞任することは加味しておりません)

3日の松本龍復興担当大臣の「失言」「放言」問題は大きな反響を生んでいる。

岩手県庁では「知恵を出さない奴は…」など発言はあったが、
過激な言動は少なかったこともあり、岩手県内のメディアは総じてマイルドな報道に終始した。

いっぽう、宮城県庁では、ぞんざいな口調のほか、
「長幼の序」「握手拒否」「オフレコ」などのわかりやすい場面があった。

それでも宮城県内ではブロック紙の河北新報がやはり甘い報道に終わったのに対し、
その系列である東北放送が正面切って松本大臣の態度を批判しており(J-CAST)、
こちらは高く評価されている。(なお、東日本放送でも批判報道を行っている)

3日の時点ではヘイヘイといった感じだった村井宮城県知事は、
1日あけた4日になって手のひらを返し、
「命令口調ではなく丁寧な口調で接していただければ」と記者に語っている。

また、当日は松本大臣が早めに部屋に入っただけで、自分は定時に部屋に入った、とし
「今度松本大臣が来た際は、松本大臣“バージョン”で出迎える」と皮肉を言う余裕もみせた。
形勢逆転といったところか。

なお4日の段階でも岩手のメディアは総じて「冷静」で、
ほとんど無視。ほかに伝えることがあるだろう、ということか。
岩手めんこいテレビが宮古市・陸前高田市の両市長による、
大臣を擁護するコメントを拾ったのみであった。

しかし、4日には「知恵を出さない奴は助けない」のほかは
復興に関する発言の要旨(=在京マスコミはあまり伝えていない部分)しか載せなかった
岩手県の県紙は、5日朝刊になって、
岩手での「仮設建設はあなた方の仕事」「九州の人間だから」、
宮城での「ちゃんとやれ」「先に入れ」「オフレコ」を
はじめて掲載している(なお夕刊は廃止している)。

4日はほとんど無視していた岩手県内のテレビメディアも、
さすがにこの話題に触れざるを得なくなるかも知れない。

「仕事さえきちっとやってくれればいいんだ」と、
松本大臣を擁護する人も少なくない。
まあ、それは間違いない。

ただ、被災県に実際に出向いてああいった態度を出すというのは、
「本性を見せた」「馬脚を現した」と言われても、しかたがあるまい。

松本大臣にとっては、ある種「恫喝」にも見えるような話し方が常套手段だとしたら、
それが東北でも通用する、と思っていたのかもしれない。

「俺はドーワ系だぞ」「ブラクがバックにいるぞ」と言えば、
ビビるような人が東京以西には、いるのだろう。

松本大臣は以前から被災地入りしており、
気心知れていたからこそああいう態度を取ったのだ、とみる方々もいる。
テレビカメラが何台もある場所で?と思うが…。

ふだんの松本大臣はああじゃない、何らかの背景があるのだ、
とみている人も多いのではないだろうか。
有田芳生議員はまさにそういう感じで、
Twitter上で松本大臣をかばって大ひんしゅくを買っている。

ジャーナリスト時代に都はるみに傾倒するなど「差別」には敏感な立場であり、
松本氏擁護に回るのも致し方ないのだろう。

しかしそういう「仲間」は少数派であり、
与野党から批判の言葉が続出している。
ちょっと前なら、自民党にとってはこれ以上ないオイシイ材料であり、
「一点突破全面展開」できたかもしれない。

まあ、自民党はすでに「政局ばかり見て、復興する気がない」と思われており、
この戦略も賞味期限切れだったりするが。
かといって民主党には、じわりじわりと松本発言が効いていく。

とうの松本大臣は、記者に「(村井)知事が批判しているが」と問われ
「いや~すごい知事やな~」と反省する気もない様子。
その割に、陳謝する会見をし「傷つけたのならお詫びする」としているが、
「博多の人間だから語気が荒い」「私はB型で短絡的」と、
またシャレにならないようなジョークをかまし、
さらに中央マスコミからからかわれている。

こんな人物に東北の復興を任せるのは、不安で仕方がない。
…で、次に続く

|

« 面倒臭い大臣、松本龍 | トップページ | 九州人の「急終」~復興の道遠し »

「ニュース」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/52129274

この記事へのトラックバック一覧です: 無駄になった文章:

« 面倒臭い大臣、松本龍 | トップページ | 九州人の「急終」~復興の道遠し »