« 落語の本「落語評論はなぜ役に立たないのか」 | トップページ | キーボードは大事に »

守りたい人、いじめられやすい人

プロゴルファーの石川遼が無免許運転…
そう聞くとドッキリしてしまうが、
実際に起こったことである。(時事

石川はアメリカはネバダ州で国際運転免許を取得したのだが、
日本で使うためには、3ヶ月以上外国に滞在しないといけない。
父親はそのルールの確認を怠っていたと「反省しきり」という。

また遼パパは『アメリカでは「ニポンデモダイジョブダヨー」と言われた』とも言っている。
まあ、アメリカ人は日本のルールを子細まで知らないだろう。

「国際免許証」という名称を信用しすぎた、ということ。
お気の毒といえばお気の毒だが。

無免許運転と聞くと大スキャンダルのオイニー(におい)がするけれども、
今朝のマスコミはことのほかこの問題を静観している。
「石川遼、無免許運転!」と大騒ぎしそうなものだが。

マスコミの皆さまはことのほか、リミッターをかけている気がするのよ。
「遼クンをいじめたくない」という。

石川と言えば、日本ゴルフ界、いやスポーツ界の至宝。
はたまた日本の希望の星でもある。
19歳で「賞金はみんな寄付します」なんて、言えるか?

俺が19歳の頃は女もカネも地位もみんな欲しかったよ。
そのツケでいまは全部ないけど。(笑)

これが亀田兄弟とか、市川海老蔵だったらどうなったかな。
「興毅が無免許運転! 練習サボって豪遊か」
「海老蔵、今度は飲酒運転疑惑も」なんて、
あることないこと書かれたことだろう。

さきほどの遼パパの「反省しきり」という表現も、
報道する対象を守ろうという表現であって、
これが「攻撃したい相手」なら、いくら反省していても
「反省の姿勢見せず」とか書かれるだろう。

マスコミなんてしょせん、そんなものなのよ。
恣意的な部分が多分にある。
不偏不党とか言ってる朝日も産経も、実際には特定方面に偏っている。

石川遼も、今後、負けが込んでくるとマスコミにいじめられるようになる。
そのときこそ注意した方がいい。

それと、ヒマをみて教習所行ったほうがいいね。
マスコミに取材させて。(笑)

|

« 落語の本「落語評論はなぜ役に立たないのか」 | トップページ | キーボードは大事に »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/51894636

この記事へのトラックバック一覧です: 守りたい人、いじめられやすい人:

« 落語の本「落語評論はなぜ役に立たないのか」 | トップページ | キーボードは大事に »