« 古着の国 | トップページ | コミック雑誌は、いる »

クラウドに苦労人

ちょっと前から騒がれている「クラウド・コンピューティング」。
今まで自分で管理していたデータを、遠く離れたサーバに預けてしまおう、というもの。
ブロードバンド時代にふさわしいサービスといえる。

サーバを「雲の向こう」になぞらえ、「クラウド」と呼ぶ。
自分はデータを管理しなくてよく、自宅からも出先からでもアクセスできる。
持ち歩かなくても、ネット回線さえつながっていればよい。

データ管理だけでなくデータ処理もサーバにやらせてしまえば、
極端な話、パソコンもいらなくなる。
携帯電話とかiPadみたいな端末で十分、ということになる。

一時期流行った「シンクライアント」は、不便さもあって一時廃れてしまったが、
ここへ来て別な形で復活しつつあるわけだ。

しかし、貴重なデータをよそに預けるというのは「リスク」でもある。

Startforceという有名な「Webデスクトップ」を利用していた。
インターネットに繋がる環境があればよく、OSはすべてサーバ上で動き、
仮想的なデスクトップがブラウザ上で表示される、というものである。
Microsoft Officeも移植されていた。

昨年のある日。突然、ログインしても操作できず、
真っ白な画面の左上に米国の現在時刻と思われる「10:21」などの表示が出たまま
止まってしまう、という現象に見舞われた。
それ以降、何度ログインしてもこのままである。

サポートにメールすると、しばらくして「米国本社で原因を調査中」という
メールを日本語で送り返してきた。それから4ヶ月、再度の連絡もなく、
改めて照会のメールを出したが無視されたままである。

で、ことし4月1日をもってStartForceは日本での営業を終了した、という。
なんじゃそりゃ??

重要なデータを預けていたわけではないが、
他人様に見せたくないものもないわけではない
(別にイヤらしい写真とかではないが)。

実験用の無料コースを「使わせていただいていた」立場なので
「泣き寝入り」するしかないわけであるが、
これが「クラウドコンピューティング」の実態なのである。

人に預けていたデータが突然引き出せなくなる。
これが「銀行」と「現金」だとしたら大変なことなのだが。

人にデータを預けるというのは、こういうことなのである。
よくよく信用できる人間でも、お金は貸せないものでしょう?
顔も見たことない人なら、なおさら、というお話。

|

« 古着の国 | トップページ | コミック雑誌は、いる »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/51662509

この記事へのトラックバック一覧です: クラウドに苦労人:

« 古着の国 | トップページ | コミック雑誌は、いる »