« 立川志らくのチャリティ落語会inいわて | トップページ | クラウドに苦労人 »

古着の国

震災で物資が余り気味らしい。
もっとも余るのが「衣類」。
とくに「古着」のたぐい。

「救援物資」にかこつけて「ゴミ」を送る奴が多いみたいで、
「履き古した靴下」まで送りつけられているらしい。
誰が使うんだそんなもの。

おそらく「洗う前のパンツ」とかも送った奴がいるかも…
出張帰りのサラリーマンかっての。

あれだけの窮地に追い込まれたんだから、
何でもほしがるだろう、という浅ましい考えで、
家の片付けがてらに要らないモノを整理できる、
しかも物資になるなら一石二鳥、と思ったんだろうが。pout

靴下やパンツでなくても、
実際、古着は人気がないそうである。
やっぱり新品のほうがいいだろうし。

あなたのまわりにもいるでしょう、古着なんか絶対着たくないって人。
誰が袖を通したか、誰の汗が染みこんでいるのか、sweat02
分からないようなものは身につけるわけにはいかない…

被災した人々でも、ダメなモノはダメで、
古着を着るくらいなら同じ服を着続けたほうがマシ、という人もいるのだ。

しかし、岩手は意外と、古着屋が盛んな地域である。
全国展開する古着チェーン、「HANJIRO」「ドンドンダウンオンウェンズデー」の
両社が、本拠を盛岡に構えている。

どちらかというとセレクトショップ的風情のHANJIROに対し、
いかにもなチェーンストアのドンドンダウン。
この両極端?な古着店は、どちらも急成長を遂げ、いまに至る。

「雨にも負けず」rain的な岩手の県民性が、古いものを大事にする心を培い、
古着店が支持される土壌を作った…
というような「こじつけ」は苦しいのでやめておくが。bomb

なおHANJIROは岐阜のアパレル商社に買収されてしまったようだが、
ドンドンダウンはFCビジネスで展開、
手綱を緩めることなく店舗網を増やしている。

日に日に値下がりしていく値段を、「野菜の値札」で示すなど、
店内に漂う独特のゆるいspa雰囲気が、
古着店特有のとんがったimpact空気感と微妙にマッチして、
若者に支持されているようである。

被災地であまった古着の利用について、
ドンドンダウンを展開する「ドンドンアップ」が手を上げており、
岩手県と共同で処分を行うとのこと。

さすがは「古着の国」である。ただでは起きない。
でも、履き古しの靴下までは勘弁してほしいもの。それはさすがにゴミですから。shock

|

« 立川志らくのチャリティ落語会inいわて | トップページ | クラウドに苦労人 »

「ニュース」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/51628563

この記事へのトラックバック一覧です: 古着の国:

« 立川志らくのチャリティ落語会inいわて | トップページ | クラウドに苦労人 »