« 取材商法 | トップページ | 入信するオトナタチ »

原発宗教戦争

福島原発の収束の見込みがなかなか立たない。
やれ漏れてるだの水が入ってないだの。

あげく、3月12日に注水指示したかしないか、なんて
過去の話を今更ほじくり返して遊ぶマスコミ。(朝日
もうどうでもいいよ。(笑)

福島や東北を勇気づけようという人々がいる一方で、
ずいぶんとディスる連中も多い。
オペレーションコドモタチ」とか。

逃げろって言うけど、その後の生活を保障してくれないんだもんねぇ。
ほんとに「原発怖い病」の情報発信力といったらないね。

「原発は絶対収束しない」と言い張り、
マイナス情報をかき集めては、ブログにしたためたり、
ツイートしたり、掲示板で煽ったり…。

唾棄したくなるような文字の森をかきわけると、
中には真に受けてしまう文章も出てくる。組織の力は恐ろしい。

福島産の野菜出荷再開、というニュース(朝日)にも、
「内部被曝するよ!」と言って絶対食べない、と言い張る。

現地で復興に取り組もうとする動きにも
「東北から逃げないのは自殺行為」とにべもない。

こういうのを思考停止状態というのだろう。
脳ミソのメルトダウンだよ。

逆境におかれた人間は、宗教にハマる。
まあ宗教を否定はしないが、「原発怖い病」の彼らは、
「原発恐怖教」という名の新興宗教に完全に入信しているようだ。
教祖は誰だ? 山本太郎か?(笑)

大体彼らは安全な場所に住んでいるので、
「ハルマゲドン」の来るのを完全に期待している。
花火の打ち上がるのを待つコドモタチのように。

彼らに言わせれば、我々は「安全デマ教」の信徒と言われるだろう。
別に安全だとは思ってませんが、
復旧できる見込みがないとまでは思ってない。

原発をどうすれば、安全な状況に持って行けるのか、考えようと思わないのか。
チェルノブイリ事故だって、20年以上経っている。
ソ連、今のロシアは国自体デカいのもあるが、ピンピンしとるじゃないか。

重ねて言うが、原発が安全とは思ってない。
ただ、妄信的に「絶対福島はよくならない」「東北、東日本は崩壊する」などと
考えて譲らないほうがおかしい、と思うのだ。
映画みたいに日本が沈没するのを目撃したいのか?

まあそういう我々も、似たような考えの人を探してしまい、
パソコンの前でふと我に返るのだが。

「恐怖教」VS「安全教」の宗教戦争の様相である。
皮肉にも、“聖地”「福島原発」には、誰も足を向けようとしない。

でも現地では頑張っている人たちもいますけどね…彼らこそ「聖者」です。

|

« 取材商法 | トップページ | 入信するオトナタチ »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/51766476

この記事へのトラックバック一覧です: 原発宗教戦争:

« 取材商法 | トップページ | 入信するオトナタチ »