« 何をしょげているんだ | トップページ | バラエティ番組がなくなる日 »

岩手競馬を案じる

岩手競馬は、どうなるのか。

以前から「赤字の競馬なんてやめちまえ」という声が強いのは重々承知である。

しかもこの震災。
「この非常時に、馬の競走とギャンブルなんて、正気の沙汰か」。
そう言う人も多いだろう。

一時は岩手を潤わせてきた競馬が、いまやこんな「お荷物」になるとは、
誰も予想はしなかっただろう。

正直、岩手競馬は消滅した方が問題は簡単に解決する。
赤字はなくなり、予算は岩手の復興に充てられるだろう。

しかし。これまで岩手競馬に投下した資金はどうする。
無駄だった、時代のあだ花だった、で片付けていいのか。
オーロパークだけでも、あれだけ金をつぎ込んでいるのだ。

そして大量に発生する失業者はどうする。
復興作業でもやらせろ、と?
いまさら大工にでも転業してもらうのか?

騎手はまだ若いからつぶしもきくが、
厩務員とか事務職員から、アナウンサー、ライター、
食堂のおばちゃんに至る周辺産業従事者はどうしようもない。

そして水沢競馬場周辺で草を食む馬たちは。
刺身やコンビーフもどきの材料にすればいい、とでも?

また、いままで競馬を愛好してきたファンはどこへ行くのか。
若い世代はPATを使えばすぐに中央競馬にアクセスできるし、
競輪、競艇、オートだっていまや岩手にいながらにして楽しめる。
しかしおやじ世代はそうもいかない。
残されたのは、あの電気をたくさん使うパチンコくらいしかない。

確かに、岩手競馬を廃止することの明快さと比べれば、
継続する困難さは、ここで書いてもしかたがないくらい山積している。

バブル時代のような「金のなる木」に返り咲くとも思えない。

若い世代の競馬離れは深刻であり、
JRAとNARに分かれてきた体制の見直しなど、
岩手競馬単独で解決できる問題ではない段階に来ていると思う。

競馬をやめることは続けるより簡単で明快だが、
いろいろな問題をはらむ。

「やめちまえ」とあっさり考えるのでなく、
どうすれば続けられるか、収益を出せるようになるか、
この非常時だからこそ、考えねばならないのではないか。

万策尽きたら、やめればいいのだ。
何度も言っているが「やめるのは簡単かつ明快」だからだ。
ただし、一回やめたらもう復活できないことを念頭に置くべきである。

(追記 4/12)
なお、馬券を買ったことは一切ないことを付記する。
ただし、これからも一生買うことはない、とまでは言わない。

|

« 何をしょげているんだ | トップページ | バラエティ番組がなくなる日 »

岩手県」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/51359894

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手競馬を案じる:

« 何をしょげているんだ | トップページ | バラエティ番組がなくなる日 »