« 風評被害 | トップページ | 何をしょげているんだ »

所詮は東京偏重

テレビ朝日系「やじうまテレビ!」が4月を迎えてリニューアル。
時期も時期だから、ということか、ニュースに重点を置く内容となった。

リニューアル前に重点としていた「天気」については
引き続き重要なコンテンツとして考えているようで、
MCを務めていた気象予報士の依田司は、
中継でお天気を担当する「本業」に回帰した。

Ytw1

3月までは天気予報画面で全国26地点の天気予報を伝えていた。
これは、テレビ朝日系列局のある都道府県の県庁等所在地の数にほぼ一致する。
(系列局のない島根県松江市と、北海道の釧路市がプラスされている)

Ytw2

ところが、リニューアル後は14地点に減少。
我が盛岡市も除外されてしまった。
(系列局のない松江は引き続き表示してるんだよねぇ)

表示が細かい、というクレームでもあったんだろうかね。
地元系列局が時刻隣に天気予報を表示してくれているから、まだいいのだが。

Ytw3

その割に、逆に関東地方については個別に天気を伝えるようになり、
全都・県庁所在地どころか、
熊谷や銚子、館山まで取り上げる細かな配慮ぶり。

これってやっぱり、関東地方の視聴率対策、苦情対策なんだろうねェ。

最近の震災報道についても同じ。
被災地や避難所のことは二の次で、
まずは「原発」。
別に「やじうま」に限ったことではない。

ヨウ素だの、シーベルトだの、トレンチだの、
低レベル汚染水だの。
その上に「きょうは計画停電があるのかないのか」。
さらに「上野で花見は是か非か」なんてやってんだから。

もう「真の被災地は東京だ」と言わんばかり。

福島に行きもしないで、「1000ミリシーベルト以上は計れないのか!」と
東京電力を責め立てる政治ジャーナリストの声ばかりが響き渡り、
風評被害や自粛ムードだけが日本全国を覆い尽くす。

全国の人たちに、被災地の復興についても
いろいろ考えてほしいのに、視聴者は原発のニュースでおなかがいっぱいになる。

そりゃ東京は日本の首都だし、大事だけれども…。

|

« 風評被害 | トップページ | 何をしょげているんだ »

「ニュース」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

いつも興味深く拝見しております。

今回の「やじうまテレビ!」リニューアルにちなんだのかどうかわかりませんが、先週月曜日から北海道のテレ朝系・HTBで「イチオシ!モーニング」という朝のローカルワイド番組(6:25〜8:00)が始まっています。
番組のコンセプトは「朝からやってる夕方ワイド」で、夕方のワイド番組「イチオシ!」のノウハウを活用し、地元の人が本当に知りたい情報を紹介しているそうです。
実際、札幌の街中に貼られている番組ポスターには「いつか行きたい青山通りより、今すぐ行ける大通り。」とか、「全国の天気じゃ、ウチの天気はわからない。」などといったことが書かれていました。
やはり、地方に住む人は地元の情報を知ることが最優先なんでしょうかね。

投稿: 北海道在住者 | 2011.04.07 02:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/51305962

この記事へのトラックバック一覧です: 所詮は東京偏重:

« 風評被害 | トップページ | 何をしょげているんだ »