« イオンは夢か幻か | トップページ | 落語は太る »

先に延ばして何になる

「地デジ完全移行は延期すべき」と識者らが提言。
提言を行ったのは、ジャーナリストの坂本衛ら。
坂本は以前も同じような提言をしている。今回はその繰り返しである。

前回も書いたが、坂本らの訴えには首をかしげざるを得ない。
あれだけのお金をかけて、アナログ放送は7月24日で終わる、と言ったではないか。
それを延期するなんて、大ウソにもほどがある。
国はこれ以上嘘をつけない立場なのだぞ。(笑)

隠れ地デジ難民がいる、と力説しているけれど、
その大半は、わかってて機器を買わない人々ではないのか。

ホテルでは未だにアナログテレビが活躍しているのを見かける。
アダルトチャンネルとの絡み(アダルトだけに)もあるのだろう。
テレビの買い換えに多大な投資が必要で、二の足を踏んでいるのかもしれない。

ただ、解決法はいくらでもある。
地デジチューナーをつけるとか、デジアナ変換するとか。

都市部でのビル陰などによる地デジ難民問題もあるが、
これは解消について、最後まで努力すべきこと。

「延期」すればすべて丸く収まる問題じゃない。
単なる先延ばしだ。

「利権が絡んでるんだろう」なんて、
冷めた目線で坂本らの動きを見ている人もいる。

しかし一番たちが悪いのは、
「テレビなんか要らん」という人がとても多い、という事実。

坂本らが騒げば騒ぐほど、
「じゃあテレビなんかなくなっちゃえばスッキリするんじゃない」
と考えさせてしまうんじゃないか。

まあ実態は「テレビなんかなくても困らないゼ」とスマートに言ってる奴に限って、
いざテレビがなくなると「ウエーン、さみちいヨ~」と泣くに決まってるのだが(笑)。

地デジ普及率100%を目指して努力している人々に冷や水を浴びせかけるより、
残り5ヶ月弱の間に何が出来るかを考えるべきだ。

その残り期間を2年に、3年にしても何の意味も無い。
そんなことをしていれば、その間もテレビの地位は落ちていくはずだ。

|

« イオンは夢か幻か | トップページ | 落語は太る »

「ニュース」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/51032889

この記事へのトラックバック一覧です: 先に延ばして何になる:

« イオンは夢か幻か | トップページ | 落語は太る »