« 看板は倒れる | トップページ | テレビ局がつぶれてしまう »

見えない恐怖

東京のマスコミは「金町浄水場から放射線が!」で持ちきりである。

水素爆発した福島第一原発から放射性物質が放散され、
日本国内で広がりつつある。

放射性物質は風に乗って、雲に混じって、拡散していく。
そりゃ考えたら当たり前の話である。

影響はいよいよ、東京へ。
浄水場の水道水から、規定値を超える「放射性ヨウ素」が検出され、
「乳児は飲用しない方がいい」量に達しているという。

テレビでもさんざん言っているが、
大人は飲んでもかまわないという。

放射性ヨウ素自体、「半減期」が8日であり、
8日経てば放射線も消える。日常生活には問題はない。

しかしマスコミが騒ぎ立てれば
「水道水が危ない!」と思うのは当然のこと。
結果、東京中のミネラルウォーターが1日で完売状態だという。

放射線物質≒発がん性であるから、
高くなったのにまだタバコを吸っている人には
ミネラルウォーターを買い占める資格はないのだが。

ただ、福島県の野菜などからすでに「セシウム」まで見つかっている。
こちらも摂取しても「問題はない」レベルと言うが、
セシウムの半減期は30年。人体に蓄積されるとやっかいなことから、
忌避されてもしかたない。

福島県の農業関係者はあきらめ顔で、
農業団体は「国に補償を求める」と怒り心頭。当然だ。

日本国内でもこの騒ぎ。
海外では、すでに日本産の野菜や海産物の輸入を禁じる国も出始めた。

九州とか、全然関係ないのに、と日本人は思うけれど、
外国の一般市民には、福島と福岡の区別はつかない。
福岡県の品物を輸出しても売れないだろう。

日本は食糧については輸入量の方が断然多いので、
国全体では影響は少ないと思われる。
とはいえ、「安心」「安全」を謳い、高付加価値で
日本の農産物・海産物を販売してきた人々にははかりしれない打撃となる。

岩手県のホームページによると、
盛岡でもすでにヨウ素が大気中、さらに水道にも発見されているとのこと。
セシウムも大気中から検知されている。

福島第一原発から流れた放射性物質は、
いよいよ北にも広がり始めたのだ。

もちろん、すぐにビビるような数値ではないが、
用心はしておいたほうがよかろう。

「“安全デマ”が一番よくない」…という話もある。
安全だ、安全だ、という情報ばかり信じず、
常に「最悪の事態」を想定して行動しなさい、ということ。

そうはいっても。
いつまでもピリピリしてもいられない。

「発生源」福島第一原発は、一進一退を繰り返している。
おとといは電気が通ったバンザーイ、と言ってたのに、
きのうはやれ圧力が高いだの、煙が出ただの言い出して、作業がストップした。

菅や枝野を叩いても、いまは何も出てこない。
ヨウ素やセシウムの入ったほこりが飛び散るだけだ。

東京でのうのうと暮らしている連中が、
わずかな放射性物質でギャーギャーわめいている間に、
福島では、技術者や自衛隊、消防隊が、
はるかに大量の放射線を浴びながら作業しているのだぞ。

ここは皆で知恵を出し合って、この難局を乗り越えるべきなのだ。
コップ一杯水を飲んで、落ち着きましょうや。

|

« 看板は倒れる | トップページ | テレビ局がつぶれてしまう »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

腫瘍マーカー等々の経験が有る&自暴自棄の身には、一般人が感じるソレへの恐怖心といいますかパニックぶりが、ナンダカナア、と。
現場で命懸けで作業している方々を思えば。
確かにセシウムともなると言葉を失うし『黒い雨』そのまんまじゃん、とも思うけど……でも。少し冷静になれよ! とテレビに突っ込み入れたくなりますね。作業員の方が被爆・熱傷と聞くとただただやりきれないです。

投稿: モトハシ | 2011.03.24 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/51202514

この記事へのトラックバック一覧です: 見えない恐怖:

« 看板は倒れる | トップページ | テレビ局がつぶれてしまう »