« 先に延ばして何になる | トップページ | 恥ずかしい趣味 »

落語は太る

NHKBS「お好み寄席」。
落語や漫才・漫談をさまざまなスタイルで伝える正統派演芸番組。
アタシもこういうの見るようになったよ(笑)

といいながら、ついつい録りだめてしまう。HDDだものねぇ。

そんな中、数週前の「五街道雲助」の「長講一席」を堪能。
演題は「二番煎じ」。

火の用心のために寝ずの番をする主人たちだが、
寒さが理由か呑みたいからか、酒を持ち寄り、
猪鍋まで作る。ところがそれを役人に見られてしまい、
酒は役人の腹の中へ…という噺。

この中の、猪鍋をつつくシーンが絶品であった。
猪肉をハフハフしながらほおばり、
ネギを噛めば中から汁が飛び出てのどちんこを直撃。
「アタシは肉が苦手でねぇ」と言いながらネギだけを喰ったかと思えば
ネギとネギの間に猪肉をはさんでたり…

いちいちシズル感がたまらない。
おもわず、家にあった豚肉と長ネギで再現してしまったではないか。
で、それを口に入れて落語の世界を堪能してしまったよ。
夜の11時に。

片手には日本酒。太っちゃうよねぇ。

具体的な話は忘れたけど、
昔の名人が甘納豆を食べるしぐさがあまりに上手くて、
高座の後、売店の甘納豆が売り切れた、なんて逸話もあったそうな。

落語は太るねぇ。

|

« 先に延ばして何になる | トップページ | 恥ずかしい趣味 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/51036353

この記事へのトラックバック一覧です: 落語は太る:

« 先に延ばして何になる | トップページ | 恥ずかしい趣味 »