« 見えない恐怖 | トップページ | 不謹慎病 »

テレビ局がつぶれてしまう

以上。

…じゃ話が終わってしまうが、
東日本大震災によって、テレビ局は打撃を被っている。

ラジオは名をあげた。
停電でも情報を得られる手段として存在が再確認された。
やっぱり、災害時はラジオだ、と。
電池やラジオが飛ぶように売れているという。

ところがテレビは停電では見ることが難しい。
ワンセグを携帯で受信すればすぐに充電が減ってしまうし、
専用ワンセグ端末も電池の減りは早く、
やっぱりラジオにしよう…となってしまう。

それにしても、広告主はあっという間にテレビから逃げてしまった。
地震直後から民放局はCM抜きで放送し続けた。
その後CM枠は復活したが、出稿(=CM放送の依頼)が激減。

あとはご存じ、ACジャパン(公共広告機構という前名称が有名)の
啓蒙CMに置き換えられた。

勘違いしている人が多いが、ACは非営利団体で、
啓蒙CMの放映に金銭は発生していない。
だからACはお金を出していないし、民放も手弁当である。

最近になってCMが少しずつ復活しつつあるが、
大口広告主だった電器メーカーや自動車メーカー、
物不足に悩む食品関係も一斉に手を引いて、そのままだ。
飲料メーカーやアルコール関係も不謹慎と言われてしまうだろう。

ACのCMを流しても、テレビ局の収入にはならない。
どんどんコストだけがかかっていく。

最近になって通常番組が増えているが、
そのコストの回収もできないのだ。

それでも、キー局は今までさんざん儲けてきたので、
内部留保がたんまりある。
最近台所は厳しいが、有事の時にもなんとかなるようにはできている。

悲惨なのは地方局、とくに岩手のような被災地である。
CMは入らないのに、どんどん取材で飛び回らなければならない。
怠ければ視聴者からなんだあそこは、と後ろ指を指される。

普段、番組制作に消極的な局でさえ、
ゴールデンタイムの東京発のネット番組をすべて取り払って、
災害報道番組に充ててしまっている。
もちろんこれだってCMはなかった。

莫大なコストが、首を絞めあげているはずだ。
いまは災害で皆必死だから、気づかないはずだけれど。

沿岸地方の瓦礫が撤去され、避難所の数が少なくなるなど、
復興対策が落ち着いてきたら、
元通りの状態に戻れると思うが、見通しは明るくない。
CMだって震災前ほどは見込めない。

番組制作にしても、地方局では多くの番組が
「インフォマーシャル」、つまり番組内で
コマーシャル相当のプロモーションを行うことが多い。
番組のほとんどがこれによって構成されているものも少なくない。
これも当面は難しい。

とにかく収入源が足りなくなるのだ。
キー局や系列局からの補填なりキックバックなり、
サポートしてあげないと、大変な事態を呼ぶことになる。

コスト面でも考えねばならない。
熱意があっても、それだけでは食べていけない。

岩手でも、一時は各局が競うように震災報道番組を横並びで放送していた。
しかし、NHK含め5社もあって、皆同じような番組を流したって、
どれを見たらいいのだ、ということではないのか。

「地元マスコミ」としては報道せざるを得ない立場は分かるけれども、
皆でいっしょに疲弊していくことにはあまり意味がない。
ここは東京とは違うのだ。

気仙沼ロケ中に被災し、ある意味「被災芸人」の急先鋒となった
サンドウィッチマンが、キー局を指してはいるが、
同様にテレビ局の横並びについて指摘している。

「あっちの場所の取材は日テレ、こっちはTBS、
フジはバラエティとか、分業できないか」と。

フジが報道をやめてバラエティに徹するというのは現実的ではないが、
あくまでたとえ話であって、「横並び」という手法への警句だろう。
地方局側にとっても、拝聴に値すると思う。

中小企業でも、倒産、廃業するところが多く出てくるはずである。
テレビ局も、中小企業よりは扱う金額は大きいが
台所事情は同じである。

岩手の民放局は、50年かけて4社にまで増えた。
チャンネルの選択肢が減ることはなんとか避けて欲しい。

地方局の数が多すぎる、数社残して現在の系列はBSに移行すべき、
という理想は変えないが(この震災で、検討せざるを得ない気もする)、
当座は地上波放送局のありようは変わらないと思うので、
とりあえずテレビ局をつぶさないことを考えたい。

「テレビ局なんて倒産したらいいんじゃないwwww」とか
何も考えずにツイートしてるオツムの足りない奴が大勢いるが、
後になって困るのは自分のほうなのだ。

※今回はあくまで「放送局」の立場になって考えたのであって、
 ほかの産業はどうでもいい、というわけではない。

|

« 見えない恐怖 | トップページ | 不謹慎病 »

「ニュース」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/51227186

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ局がつぶれてしまう:

« 見えない恐怖 | トップページ | 不謹慎病 »