« 老いていく私 | トップページ | 相撲の魅力ってなんだ? »

さくらホール落語 たい平・白鳥二人会

いや~疲れた。北上から速攻で帰ってきたからね。
ということで北上市・さくらホールで開催された落語会に行ってきたのだ。

林家たい平&三遊亭白鳥という素晴らしい顔付け。
今週、某地元紙のイベント案内で見つけ、
出張ついでにチケットを買っておいたのだった。

開催間際で告知するくらいなのでだいぶ売れ残っていたようで、
けっこうよいポジションの座席を確保することができた。

夜6時開演、8時終演予定ということで夜の運転が不安だった。
きょうも盛岡ではちらほら雪が降ったりしていたが、
幸い道路はほとんど濡れておらず、こうやって自宅で無事パソコンをいじっている。

会場はさくらホールの中ホール。前回の林家彦いちトークショーは小ホールだったな。
埋まったのはキャパの8割程度。後ろの座席はかなり空いていた。
3500円の価格設定、ちょっと高かったのでは…。

6時開演。前座は白鳥と同じ圓丈一門、三遊亭ぬう生。
前座にはもったいない39歳、故・桂三木助を彷彿とさせる容貌からも安定感出まくり。
「きょうはセレブのみなさんにお集まりいただき…」
大ホールでは上村愛子の無料トークショーをやっているのに
わざわざ有料の落語会に来ていただいて…とのこと。
演目は「牛ほめ」であった。

続いて三遊亭白鳥が登場。2年前に花巻で見て以来。
おなじみ「ジャージみたいな着物で…」で客の心をつかみ、
お母さんを題材にしたマクラから「ギンギラボーイ」。
ピンピンマン」という噺を改作したもののようだ。
郊外のドラッグストアに対抗する、薬屋の老夫婦と、
彼らが編み出した怪しい惚れ薬を服用した男の話。

地元リサーチもちゃんと行っており、
郊外のドラッグストアとして「ツルハ」と「薬王堂」の名前を出し、笑いを取った。
ただ惜しいかな、弁当屋の例えで「オリジン弁当」を出しちゃった。
岩手にはほぼ「ほっかほっか亭」しかないので、笑いもトーンが低く…。

最後に伏線を回収し、きれいなオチがつくが、
爆発力は「おばさん自衛隊」のほうがあったかな。

仲入り後、色物の翁家勝丸による太神楽。
軽妙な話術で会場を温める。
「違う演目をやりますんでよろしく。池袋演芸場というところで」。
この日は何度か失敗が続き「ツイッターで書かないで下さいね」。ブログに書いちゃった。
調べたら「林家ライス・カレー子」の子息だそうだ。ナルホド。

トリは林家たい平。
数年前に恵比寿で「愛宕山」&「芝浜ゆらゆら」を聴いて以来のナマたい平。
近くで見るとTIMのゴルゴ松本にクリソツだぁ、と実感。

「『たい平』という軽い名前じゃなくてもっと重い名前を、と
おかみさん(海老名香葉子)にお願いしたら、
漢字二文字で考えてくれたので、今年改名することにしました。
その名も『林家泰葉』…ウソですよお父さん」。

きょうも「笑点」の収録を後楽園ホールで行い、その足で岩手に来たそうで、
北上に着いたのは白鳥が熱演中の18時40分だったそうな。

円楽と歌丸の仲良し話。本番前に歌丸の肩をもんであげる円楽。
たい平が替わろうと言っても肩もみを続ける優しい円楽だが
「実はな、弱体化するツボを押してんだ」。

噺は「お見立て」。ところどころに笑点メンバーネタを混ぜながら。
花魁「お前脳味噌あるのかい? 木久扇のと取り替えちゃうよ」。
田舎のお大尽も大月出身(なのに東北弁)。「田舎からなかなか出てこれねぇで。
ムバラクってのが居座ってよぉ」と時事ネタもからめつつ。
お墓に花を飾るシーンで「千の風になって」を歌い拍手を浴びる。

サゲのあと、緞帳降りずに大サービス『スターマイン』。
軽快なジャンピングで大花火を打ち上げ、8時ジャストにお開き。
大満足で北上を後にすることができた。
先述通り3500円はちと高い気もしたが、こんなお大尽はいいもんだ。

しかしさくらホール自体、なかなかいい設備である。
客席の傾斜もちょうど良し。椅子も心地いい。
フライヤーもいい金のかけ方をしている。
そういえば彦いちも担当者のことを褒めていたっけ。
盛岡のホールも勉強すべきだな…。県庁所在地にあぐらをかいちゃダメだね。

|

« 老いていく私 | トップページ | 相撲の魅力ってなんだ? »

岩手県」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

  第2回雫石まちなか落語会のお知らせ
---------------------------------------
日時:平成23年2月27日(日)13:30開演
出演:桃月庵白酒(2席口演)
   古今亭朝太 古今亭きょう介
木戸銭:(前売)3,000円 (当日)3,200円
     自由席 定員60名 
    ※前売が定員に達した場合、当日券をご用意できないことがございます。
取扱い:しずく館,観光物産センター(雫石駅舎内),雫石商工会
   <美味しいきりせんしょ,お茶,匠レストラン割引券 付き>

※ご連絡いただければチケットお取り置きいたします。(雫石商工会tel.019-692-3321)

投稿: 雫石商工会(澤口) | 2011.02.08 14:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/50786210

この記事へのトラックバック一覧です: さくらホール落語 たい平・白鳥二人会:

« 老いていく私 | トップページ | 相撲の魅力ってなんだ? »