« クイズ・フロンティアハンター | トップページ | 説得力 »

経済力

ここ2週ほど、宮城県のテレビを見る機会に預かった。
まあ出張してTVを見ただけなんだけど。

なんつーか、華やかですな。
宮城のテレビは。

「Oh!バンデス」でおなじみのミヤギテレビ。
局の告知CMでは、かわいい女の子(SOSモデルエージェンシーあたりか?)が
6、7人出てきて「ミーヤテレっheart01」なんて言う。
岩手じゃ考えられないなぁ。

テレビCMは、一見岩手と大差ないのだけど、
よく見れば、岩手にはないチェーンのCMも頻繁に見かけ、
やはり政令指定都市のある県だな、と思う。

深夜番組の豊富さも実感する。
岩手では1時も過ぎれば各局テレビショッピング戦争になるのだが、
宮城は2時半過ぎてもまだ通常の番組をやってる。

帯番組も花盛り。
「Oh!バンデス」は(ニュースを含めるが)190分間もぶっ続ける。
宗さんが出演する時間帯だけでも2時間。
テレビ岩手「5きげんテレビ」も、がんばって毎日90分枠ではあるが、
今でさえキツいだろうから、2時間は無理だと思う。

それ以外にも、朝番組として定着したTBC「ウォッチン!みやぎ」、
岩手からふじポンもお世話になっているKHB「突撃!ナマイキTV」。
それだけの市場がある、ということなのだろう。

そして極めつけは各局ローカルニュースの「スポーツコーナー」。
とにかく「楽天」である。
マー君、マー君、マー君。
いつ「里田まい」と言い出すのか、とワクワクしてしまうではないか。
ほかにもサッカー、バスケットボールと仙台にはプロスポーツチームがたくさんある。

23日には午後7時のローカルセールス枠を使って
「セントラル自動車」の特番をやったらしい。
その日のうちに岩手に帰ったので見られなかったけど。
景気がいいですな。

民放テレビ局の数だけなら岩手は宮城と同じ「4社」なのだが、
そのテレビ局の経営を左右する「広告市場」の大きさは果てしない差がある。

必然的に岩手の民放は「緊縮財政」となり、
おのずと番組内容に差が出てくる。
まあこういう時代だから、宮城の民放も左うちわではないだろうが。

隣の芝生が青すぎるなぁ。岩手の芝生はまだまだ雪の中だ。

|

« クイズ・フロンティアハンター | トップページ | 説得力 »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/50955267

この記事へのトラックバック一覧です: 経済力:

« クイズ・フロンティアハンター | トップページ | 説得力 »