« 物言うマスコミ、物言わぬ小沢一郎 | トップページ | さくらホール落語 たい平・白鳥二人会 »

老いていく私

俺も年を取ったなぁ、と思うことは誰しもあることだが、
テレビを見ていても、ここまでそうくるか、ということがある。

たとえばスポーツ中継。
昔は「お兄さん」「お姉さん」が技を競い合っているのを見て、
あこがれの対象になったりするものだが、
みるみる年下ばかりになっていくのは正直つらい。

で、年下がキビキビ動き(って当たり前だけど)、
数千万円の年俸をかっさらっていく。
ダルビッシュ有なんか、5億円もらって嫁さんと離婚協議なんて、
どんだけ生き急いでるんだ、と思ってしまうではないか。

このブログの初期、若い格闘家が相手をなぎ倒す姿に
軽いカルチャーショックを受けた、と書いたことがあるが、
そこからすでに数年が経過し、事態はさらに悪化している(笑)。

それと意外にも「ニュースキャスター」。
これが年下になってしまうと、これもガクッとくるものである。
年下から「世間はこうなっているんだぞ」と説明されていると思うと
俺の人生なんだったんだ、と思ってしまう。

昔は「ニュースコープ」の古谷綱正、
最近では「NEWS23」の筑紫哲也など、
キャスターはおじさん、おじいさんが多かった。
やはり「ご老体」からご意見を伺いたい気もするが、
そんな時代ではないのかもしれない。

古谷など、末期はモゴモゴムニャムニャしてとても聞けたものではなかった。
滑舌のはっきりした若いアナウンサーのほうが聞きやすいし、
そういうトレンドになるのは自然な流れなのかな。

しかもスポーツ選手もアナウンサーも、
身を固めるのが早い(笑)。
20代でスパッと決めてしまう。
まあ、いずれもハードな職場だけに、
夫なりお嫁さんなり、サポート役が重要、ということもあるのだろう。

しかし、ダルビッシュのように無用な悩みを抱えてしまう人もいる。
相手が年数千万円の養育費を要求している、
なんて噂を聞くと、俺には関係ねえ、というよりも
お気の毒にねぇ…なんて思っちゃうのも年を取った証拠か。

|

« 物言うマスコミ、物言わぬ小沢一郎 | トップページ | さくらホール落語 たい平・白鳥二人会 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/50762184

この記事へのトラックバック一覧です: 老いていく私:

« 物言うマスコミ、物言わぬ小沢一郎 | トップページ | さくらホール落語 たい平・白鳥二人会 »