« 独裁者の椅子は遠く | トップページ | 池上彰は脱落者か希代の漢か »

マスコミはなぜ黙るのか

※拙文は、地元民の意見であることを若干差し引いて読んでもらって結構です。

政治資金をめぐる事件で逮捕されていた、
小沢一郎氏の元秘書の取り調べ調書を、検察が撤回することが明らかになった。

調書を取っていたのは、以前証拠改ざんで起訴され大騒ぎになった検事だった。
証拠とする信用性が低い…という判断のようだ。

また、この件に関連して、逮捕された国会議員は、
取り調べ中のやりとりを極秘に録音、裁判で証拠として採用されることとなった。
検事が自白を誘導するような場面もあり、検察には不利な内容と見られている。

事件の主役とされてきた小沢氏は強制起訴されると見られているが、
場合によっては「無罪」の可能性も出てきている。

まあ、そこまでうまくいくとも思えないが、
それにしても、事件発覚後「悪役」のイメージを一気に濃縮させてきた小沢氏のイメージは
少なくともネット上ではかなり「シロ」に傾いてきている。
この風向きの変わりようはなんだろうか。

しかし、テレビや新聞は、驚くほど、このことを伝えていない。

菅総理や民主党の岡田幹事長らが、小沢氏強制起訴に向け、
着実に体制を固めているということだけをことさらに伝えている。

あまりにも不自然だ。

しかも。右だ左だ中道だ、と意見が分かれるべき新聞もテレビも
こと小沢氏のことになると、報道のしかたが似通っている。

「秘書の裁判などさして重要な件ではない。本丸・小沢のほうが大事だ」
と言うのだろうが、あれだけ自分たちが伝えた裁判が「ひっくり返る」かもしれない、
というクライマックスを迎えているのに、
どのマスコミも無視に近い扱いというのはどうなのか。

なにかある、と勘ぐらざるを得ないではないか。
いまさら「闇の勢力」説でもないが、
外圧なのか、それともどこかの広告代理店の差し金か。

小沢氏は権力を手に入れた後、既存マスコミの護送船団にメスを入れようとしている、
という説も聞かれる。ならばマスコミがビビるのも不思議ではない。

とくに毎日新聞社など吹けば飛ぶような地位にある。
毎日新聞の牧太郎がブログで小沢氏を悪党扱いするのも、おかしくはない。

先輩の鳥越俊太郎が「小沢の何が問題なのか、もう一度検証すべき」と問うたコラムに
違和感を感じた」としているが、これも、
毎日を退社してフリーになっている鳥越との立場の差だろう。

フリーと言えば。
ネットメディアのJanJanBlogでは現在、
フリージャーナリストが「記者クラブ」の閉鎖性について問う記事を連発している。

まあ、「紳士協定」をわざわざ乱しに行っているように見えなくもないが、
フリー側が行いたい「会見の動画中継」を記者クラブが妨害しているのは明らかである。

会見を動画中継されたら自分たちの立場がなくなる、と大手既存マスコミは考えているようだ。
既得権益を守ろうとする既存マスコミは、一昔前に流行った言葉で言えば「抵抗勢力」である。
劇場型政治で世間を動かした小泉純一郎元総理が流行らせた言葉だ。

その「抵抗勢力」が、古い政治の象徴だとして、
小沢一郎氏を追い落とす動きに荷担している。

結果としてなのか、意図的なものか、はともかく、皮肉な話ではないだろうか。

|

« 独裁者の椅子は遠く | トップページ | 池上彰は脱落者か希代の漢か »

「ニュース」カテゴリの記事