« 楽天は“日本”を捨てて、負けるのか? | トップページ | 第43回年忘れにっぽんの歌 »

ビートたけしが挑んだ「性戦」

12月27日、ビートたけしと“たけし軍団”による深夜番組
「ビートたけしのもう一回だけヤラせてTV」がTBSで生放送された。

詳細はリンクをごらんいただくとして、
一言で言えば「低俗番組」である。

あの「小向美奈子」を呼んで生ストリップショーを敢行、
井手らっきょが「キャンドルヒロシ」に扮しSMプレイに興じたり、
AV女優が「ノーパンかるた取り」で遊んだり、
アダルト川柳あてゲーム「チン×ポン」も…。

下ネタ以外にも芸能ネタもヤバめで、
昨年~今年、薬物で世間を騒がせたタレントによる「競馬実況・事件特別」、
歌舞伎俳優「エビゾウ君」(演:三又又三)を販売する「トーカイ堂TVショッピング」など…。

上記サイトには「抗議殺到」とあるが、
ニュースソースは見つからなかった。
いずれ、こんな内容では抗議をする“ヤカラ”が続出してもしかたあるまい。

ぜひ見てみたかった。一部ネット局があったようだが、
毒にも薬にもならない番組を好む、
我が岩手県の地元局がこんなものを放送するはずもなく…。

それにしても、よくこんな番組にチャレンジしたなぁ、と感心する。
10年くらい前まではこんな番組、ザラにあった。

しかし、BPOだなんだとウルさい世の中、
テレビ局が「自主規制」に流される中で、
こういうリスキーな番組は淘汰されていった。

ゴールデン番組で、屋外ロケをした映像には
歩いている第三者の顔にすべからくモザイクがかかるような
「過敏すぎるほどリスクを避ける」、
そんな「風潮」をテレビ局が是認し、視聴者に価値観を押しつける時代…。

たけしはそんな風潮にまさにくさびを打ち込んでみせたわけだ。

放送したのはTBS。たけしの「ニュースキャスター」を
放送している局が、たけしと組んでこんなものを…と考えると
ますます感心してしまう。

そもそも抗議する連中は、何に抗議しているのか。
自分が不快だからか、青少年にどうしたこうしたとか。
それとも単に抗議がしてみたいだけなんじゃないのか。

こんなのを見てムラッときて、陵辱しに外へ出たという奴がいたなら
ぜひその事例を知らせて欲しいものだ。

ビートたけしの発想と実行力には恐れ入る。

彼の世界観として「世間はみんなバカばかり」というものがあると思う。

こんなエロ番組を見て「自家発電」する奴もバカなら、
夜中に抗議電話する奴はもっとバカ。
こんな番組を作ってしまうTBSもバカ、
こんな番組も作れない他のテレビはもっとバカ。
青少年のことを考えているふりをするBPOは地上最大のバカ…。

バカな世間全員を煙に巻き続けるたけしは、次に何をやらかすのか…
さて、「朝までたけスポ」の録画でも見るか。録り忘れた…トホホ

|

« 楽天は“日本”を捨てて、負けるのか? | トップページ | 第43回年忘れにっぽんの歌 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「それを発想したたけしは宇宙一のバカ」が抜けてる

投稿: 火薬だ丼 | 2011.02.26 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/50437212

この記事へのトラックバック一覧です: ビートたけしが挑んだ「性戦」:

« 楽天は“日本”を捨てて、負けるのか? | トップページ | 第43回年忘れにっぽんの歌 »