« 東急ハンズ、期間限定で盛岡に出店 | トップページ | 圓生争奪戦第2回戦、勃発 »

つわものどもが…

最近、twitterにドはまり状態で、ブログをさぼっている。

「ウンコなう」まではさすがにいかないが、
暇さえあればツイートしている状態。病気になりそう。くわばらくわばら。

さて。
今年のヒット商品No.1は「食べるラー油」だそうで。(Yahoo!/オリコン

これの存在を知ったのはNHKラジオ「世の中面白研究所」だった。
当然、ブームになる前の話。「話題の商品」という程度の紹介だった。

当時はなんとも思わなかったが、
その後ほどなくしてメディアで取り上げられるようになり、
「あのラジオでやっていた商品か」と、桃屋のいわゆる「桃ラー」を1瓶買った。

うまかったねー。
ラー油といっても、その名の通り辛くなく(ほどよいピリ辛)、
にんにく、玉ねぎの香ばしさと歯触りが楽しく、
ペロリとご飯が食べられるので、ハマってしまった。

しかし、瓶の中身が半分以下になったところでブームは絶好調になり、
どこのスーパーに行っても「桃ラー」は「売り切れ」。

類似商品「ヱスビーぶっかけおかずラー油」(エスラー)をようやくゲットしたところで、
「食べるラー油は自作できる」という情報が流布されはじめる。

ニンニクとタマネギ、鷹の爪を刻んで油(ごま油がベターだが、
高いのでサラダ油と1:1で混ぜる)で揚げるだけ。

油断すると焦げるのでタイミングを見計らうのが大変なのだが、
作る工程は意外に楽しい。

まあ、桃ラーには及ぶまでもない手作り味なのだが、ご飯は進むのだった。

しかし…ハマりすぎた結果、飽きてしまった。
ご飯にかけるのはやっぱり生卵のほうがいい(笑)

それに、この年になるとご飯が進むのも考えものなのだ。
野菜も食べないといけないのに、タンスイカブツばかり腹に入れるわけにはいかない。
しかもそのお供が「脂質」ならなおさら自重するというもの。

冷蔵庫には、少なくなった「桃ラー」、
未開封の「ぶっかけラー油」の瓶が置いてあり、
台所には自作ラー油の入った瓶が転がっている。

さらに。
一時、出張のたびに道の駅で買い集めた「にんにく」の袋が、
皮を剥かれるのをじっと待ったままなのだった。

スーパーやドラッグストアでは、桃ラーともエスラーとも違う
マイナーラー油が、そこそこの価格設定で並び、かつ売れ残っている。

そして現在、桃ラーこそ品薄だが、
エスラーの在庫には余裕が出てきている。

我々はまた、ブームという名の台風をやり過ごそうとしているのである。
どうしよう、あのにんにく。

|

« 東急ハンズ、期間限定で盛岡に出店 | トップページ | 圓生争奪戦第2回戦、勃発 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/50008566

この記事へのトラックバック一覧です: つわものどもが…:

« 東急ハンズ、期間限定で盛岡に出店 | トップページ | 圓生争奪戦第2回戦、勃発 »