« やっぱりそれでも紅白 | トップページ | 岡村隆史復帰 »

がんばれ!地デジ後進県

総務省が発表した、9月時点での地上デジタル放送世帯普及率は全国平均90.3%となった。
目標値の91%には惜しくも届かなかったが、ほぼ予定通りに進行している。
(2011年4月の普及目標100%は今度こそ不可能だと思うが)

「エコポイント」の効果も絶大だったようである。
あと数日で半減するので、まだの人はお早めに…。

気になる県別数値だが、
半年前の前回調査に引き続き、またも沖縄県がダントツ最下位の78.9%。
2割の世帯がまだアナログをみているという計算に。
以下、鹿児島、長崎、高知、石川と続く。
石川県といえば、地デジ推進のモデル地区である珠洲市を擁しているのだが、
ワースト5に躍り出てしまった。
前回は上位グループにいた鹿児島も、慢心したのかワースト2位に沈んだ。

昨年度のワースト5は「沖縄、岩手、長崎、山梨、徳島」。
岩手は沖縄に肉薄する数値(66.7%)だったが、今回大躍進し(89.5%)、29位に急上昇。
それでも下位グループではあるものの、東北では宮城県を追い抜いて2位に(1位は秋田)。

半年で22.8ポイントの上昇は、
前回報道で「ワースト2位」の現実をつきつけられた県民の「努力」のたまものか。
テレビ局側も、イベントや番組などで、
「地デジ推進大使」の各局アナを集結させる機会を増やすなどして、アピールに懸命なところをみせていた。

ビリだビリだとからかわれがちな沖縄だが、
それでも13.0ポイント伸びている。
なんくるないさ~体質と言いながらも、沖縄は沖縄でがんばっているのだ。
前回も今回もワースト3を堅持した長崎だって、13.2ポイントアップしている。
着実に、地デジ化は進んでいるのである。

いまさら「地デジなんか中止すべき」とまだ言っている人も多いようだが、
もう後戻りはできない。
それぞれの家庭で、高い金を出して地デジにしたのだ。
いまさら「やっぱり延期!」なんて言ったら、暴動が起こりかねない。

|

« やっぱりそれでも紅白 | トップページ | 岡村隆史復帰 »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あの黄色いラインは意外でしたね。

投稿: たかはし | 2010.11.30 06:58

一気に普及率が伸びましたね。
「教えて!地デジ大使」を局の垣根を越えて各局のローカルニュースの中で流してましたし、地デジ化テストをNHKと民放で同時放送する際に、岩手日報のラテ欄に黄色いラインを引くなどの細かい活動も功を奏した一因でしょうかね。

投稿: ホウス | 2010.11.28 15:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/50136850

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ!地デジ後進県:

« やっぱりそれでも紅白 | トップページ | 岡村隆史復帰 »