« あなろぐ 20周年じゃあ~りませんかスペシャル | トップページ | 黄金の犬 オリジナル・サウンド・トラック »

やじうまテレビ!マルごと生活情報局

きょうからテレビ朝日系の朝の情報番組は「やじうまテレビ!」に衣替え。
「甘口の番組」になっちゃったなぁ、という印象。

スタジオセットは、天井は「やじプラ」同様ヴァーチャル合成だが、
デザインは全く違い、白を基調としているが、番組ロゴ同様、
色味の強いパステルカラーが入り混じった華やかな造り。ちょっとチカチカするな…。

不安だった司会の依田氏であるが、
案外ハマっている感じはする。そりゃテレビ出演歴は豊富だし。
まあ、頼りないといえばきりはないが…。

番組進行は、依田氏の肩にも足りない身長の大木優紀アナ(大木ちゃん)が務める。

これまでのような「新聞記事」に寄った内容ではなく、
トレンド情報などのほか、「天気情報」にもかなり時間を割く。
(なお、番組後半のトレンド情報ではナレーションに「友近」を起用している)

お天気お姉さん役は島本真衣アナ。
そして、「やじプラ」でお天気お姉さんだった加藤真輝子アナ(盛岡市出身)は
サブ司会に昇格し、一部コーナーで進行役を務める。

新聞紹介はメインではなくなったが、コーナーとしては残った。
進行するのはもちろん、“キングカズ”吉澤一彦アナで、
「元祖やじうま新聞」を名乗る。
1981年「おはようテレビ朝日」のワンコーナーだった時代のタイトルである。

故・梨元勝が「やじうまワイド」時代に何度も番組タイトルを
「ヤジウマ新聞」と言い間違えていたのを思い出す。

キングは、「偏向だ」とウルさい連中を蹴ってやりたいのか、
いきなり「読売」と「産経」の記事を中心に紹介してみせた。

といっても初回のコメンテーターは、「週刊朝日」のオバちゃん記者だったが…。
(このオバちゃん、テレビ慣れしてなくてコメントが聞いてられなかったな)

依田氏もキングからコメントを求められたが、
そつなく優等生的な内容で回答していた。

このほかの報道系の部分は飯村真一アナがサッパリと進行していく。
こちらも初代「やじうまプラス」の司会者だったりする。

天気情報はウェザーニューズの協力を得ており、
番組内の天気予報マークはウェザーニューズ仕様。

また、同社の専売特許「ソライブ」を導入。
データ放送を利用したアンケートを募っていた。
テレビ、携帯で利用できる。
この日は「ご覧の地域の天気は?」を聞いていた。
でもこれ、ウソつく人が続出しないかな…

データ放送では「路線情報」を見られるが、登録できるのは、
首都圏の路線に限られるようである。
地方の視聴者を軽視していると思われても仕方なかろう。

それと、テレビ朝日では4時55分開始であるが、
大半の地方局は、5時50分のANNニュースから始め、
「やじマル」は実質6時(または5時59分)からスタートするのだが、
出演者の名前テロップも出ないし、いわゆる「飛び乗り用」の挨拶もないのは残念。

それと、6時のスタートからいきなり「アメダス」の説明をされてもなぁ。

と、不満はいろいろ残るが、新番組だからね…。
「甘口」になってはしまったが、
慌ただしい朝にはこのくらいでちょうどよいのかもしれない。

問題は、他局と比べたときも、「味付けが甘口」、というか「薄い」ところか。
今後、どう「濃い」カラーを出していくかが課題だろう。

|

« あなろぐ 20周年じゃあ~りませんかスペシャル | トップページ | 黄金の犬 オリジナル・サウンド・トラック »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/49644207

この記事へのトラックバック一覧です: やじうまテレビ!マルごと生活情報局:

« あなろぐ 20周年じゃあ~りませんかスペシャル | トップページ | 黄金の犬 オリジナル・サウンド・トラック »