« やじうまテレビ!マルごと生活情報局 | トップページ | 高い野菜が人間を嗤う »

黄金の犬 オリジナル・サウンド・トラック

Ougonno

またもやステキなCDを手に入れたのダ。
1979年映画「黄金の犬」サントラの復刻CD。
我らが大野雄二御大の音源コレクションに、また一つ加わった。

楽天の某ショップで注文、
「なかなか入荷しないけど待てる?」的なメールで
おいおい、またもやセルキャンか?とドキドキしていたが、
本日無事、うちの郵便受けに入っていた次第。

映画は…見てないし知らない。(笑)
検索すりゃいくらでも耳年増にはなれる。
鶴田浩二大先生、夏八木勲、島田「もう脱がないで」陽子など出演。

そしてこの映画ではワルすぎる悪役を演じているのが
「お散歩はこれからだ」の地井武男。
勲と武男は俳優座の同期なんだって。へええ。
(ほかにも凄い面々がそろっている。近々フジテレビを辞める高島彩のパパとかね)

講釈はやめまして。
大野御大のサウンド。1979年前後といえば、
御大、脂ののりきった時期。書いても書いても間に合わないほどの
オファーを抱えながら、「ルパン三世」「大追跡」「スペース・キッド」などの
シビれるサウンドをジョンジョロジョンジョロと編んでいたのだ。

この「黄金の犬」は、叙情や悲しみを表現しているように見えつつ、
さわやかな聴後感のある曲が多い。
サスペンス的な、アップテンポで緊張感のある曲も織り交ぜ、
バラエティ豊かなラインナップとなっている。

全体を通して、中音域?のエコー(リバーブ)が弱めな気がする。
エコーの効いた耳障りの良い音色もいいのだけれど、
いかにも映画音楽、という感じがする(すいませんトーシロっぽい書き方しかできなくて)。
また、バンド編成も厚みがあって、聞いていて心地よく、楽しい一枚である。

最終トラックはエンディング・テーマ「天使の墓標」。
歌は長瀬晴美、Wiki先生でも知らないヴォーカリストである。

ちなみに女性ではなくおヒゲのオジさんである。
精緻さには欠けるが、その荒削りで野性的な歌唱法が、
悲しみをたたえた大野御大のメロディに不思議にマッチする。
なお作詞は、先日「京都お茶屋遊び狂い」報道で名をはせた荒木とよひさだったりする。

このCD、以前手に入れた「LOVE SAVES THE EARTH」同様、
紙ジャケで、レコード時代のライナーの縮尺版が添付されているが、
字がちいちゃくて読めない読めない(笑)。

映画の説明を含めたCD用ライナーも付属。
相変わらず「CTI」「デイブ・グルーシン」と、
大野御大を説明する際にお題目のように出てくる名称をちりばめつつ、
その偉業について解説。

『ファンのわがままのみでいえば、長期にわたって、
久々の大型新作を待ち望む状態が続いている』という記述に
ウンウンうなずきながら最後まで読めば、
「タワーレコード渋谷店 サウンドトラック担当 馬場敏裕」のクレジット。

さすが、ライバルのHMVが退散した渋谷で生き残るだけはある、
まさかサントラ専属店員までいるとは。

|

« やじうまテレビ!マルごと生活情報局 | トップページ | 高い野菜が人間を嗤う »

「大野雄二」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/49669128

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の犬 オリジナル・サウンド・トラック:

« やじうまテレビ!マルごと生活情報局 | トップページ | 高い野菜が人間を嗤う »