« 岩手日日新聞を考える | トップページ | やじうまテレビ!マルごと生活情報局 »

あなろぐ 20周年じゃあ~りませんかスペシャル

Ana01
めんこいテレビ「あなろぐ」
2日は「20周年じゃあ~りませんか」スペシャル、ということで、90分の拡大版。

Ana02
特別ゲストとして、この「生ぬる枠」…あ、いやいや伝統の枠のトップバッター、
「土曜は見っと!」の司会を務めた、熊谷麻衣子・元アナが登場。

退社後、「とくダネ!」のレポーターを経て、
同郷のサンドウィッチマン・伊達きみお(←クルムみたいな間違いでした)
伊達みきおと結婚したのは記憶に新しい。
日曜日に矢巾で一仕事こなすための来盛だった模様。
玉井・大久保両アナとは初対面とのこと。

Ana03
そうか、「元めんこテレビ」のアナウンサーだったんだね。
たたきつけられたり、裏返されたりしたんだろう。

ふじポン中継、クロステラス盛岡から。
熊谷「ふじポンがオトナっぽくなっててビックリした」。
そりゃそうだよ、お好み焼きと組織暴力の街、広島でも稼いでくるくらいになったんだもの。

Ana04
期待していた、ふじポンと熊谷の絡みはこれだけ…
ただし後半に…おっとまずはここまで。

Ana05
「びゅうエクスプレス」のVTRが始まるはずが、スタジオの映像。
CM明けはVTRということで安心して談笑する3人の姿が映し出される。
今日は、ミスが多いな…。

無事VTRも流れた後、
JRの旅行商品の金額を玉井アナが読み上げる最中、
熊谷「安い!」。コメントの入れ方が絶妙。OGの面目躍如。

Ana06
「あなろぐ玉手箱」のコーナーはこの二人で進行。
なぜかというと…

Ana07
これを説明したかったのだ。

それと熊谷は未だに「いわて生協」の組合員らしい。ふむ。

Ana08
20周年に水を差すように、新潟で地震発生のニュースを伝える。
やはりきょうは、何かがあるのか。

後半はクイズコーナー。
結果から言うと「それほど面白くなかった」。(苦笑)

Ana09
(↑クリックで拡大)
期待の懐かし映像はこれだけ。
開局カウントダウン記念特番。実はこれ、見てません。

当時在籍していたアナウンサーは3名。
前列右から3人目が、現在専務取締役であらせられる、小原忍アナ(北海道放送から移籍)。
その右隣が、今春「FM花巻」局長に転身した、落合昭彦アナ(テレビ東京を退職して入社)。
そして前列左から3人目は、伊藤里紗アナ(ラジオたんぱから移籍)。
熊谷のコメントによるといまは違う名字で活動している模様。

その隣のグレーのスーツはよく見ると、フジテレビの須田哲夫アナのようである。
岩手では、「タイム3」をIBCで放送していたね。

Ana10
で、後半の出演者。
料理の小野寺恵先生、
春までコーナーを持っていたフジポンヌ…なんちゃらかんちゃら、
ああめんどくせー、要するに中継先から戻ってきたふじポン。
右端は市内で開業している占い師。
この4人でヌル~い3択クイズにチャレンジするというもの。

Ana11
懐かしい?「しつじ」のジャージを着用した、
画面慣れしたAD?D?がアシスタントとして登場。

Ana14
クイズの合間に、画数占いをしてくれる趣向。
狭いスタジオまるわかり。

Ana12
出ました、「DA.CHA.NE」。
「土曜は見っと!」の名コンビ、横山義則アナ(当時)と熊谷麻衣子アナが
二人とも宮城県出身ということで、なぜか仙台の放送局を差し置いて、
岩手めんこいテレビの局アナ2名と、
めんこいテレビでバイトしていた八戸出身の大学生の3名でユニットを組んで、
「DA.YO.NE」のパクリ仙台弁カバーをやってのけたのである。

なおこのCD、だいぶ余っているらしく、
この番組のエンディングで、熊谷のサインを入れて5名にプレゼントと相成った。

熊谷によると、サンドウィッチマンはライブでこの曲をかけているそうで、
富澤から使用料50万円が支払われているという(ホントかよ)。

Ana13
1991年のヒットチャートを問題に。
その中で、玉井・大久保両アナによる寸劇。貴重な予算の無駄遣い。
「ラブストーリーは突然に」のパロディらしい。ロケ地:岩手県立美術館周辺。

Ana15
3問目のフリップを出し間違え、
いつものように大久保アナにイラッとされる玉井アナ。
占い師のお姐さんもチラッと触れていたが、
なんかお似合いなんだよなぁ、この二人。

Ana16
で、第4問はこれ。Wikipediaに正解出てます。
地元のバンドに書かせた曲なのだそうだ。歌唱者は不明。

どうでもいいクイズで優勝した小野寺先生、
20周年にかけた「20型テレビ」(小っちぇ~)をかけ、ダーツに挑戦。
Ana17
ベタな演出で商品はもちろん視聴者プレゼントに。

Ana18
ラストは「来年のめんこいテレビの運勢」をタロットや占星術で占ってもらう。
「DEATH」のカードが出たが、「悪い縁が切れる」と。
解釈はいかようにも取れるようで。

Ana19
エンディング。時間が余り、なぜか新しつじにも話を聞く。

Ana20
ということで、20周年特番も大団円。

開局当時のイケイケムードはどこへやら、
年を追うことにぬるくなっていく同局を体現するような番組だった。
Viva!めんこイズム。

【追記 10/8深夜】
とれたておまけ。
10/8深夜、テレビ朝日で放送「さまぁソン」。サンドウィッチマンゲストということで
(熊谷が岩手めんこいテレビのアナウンサーだったという説明付きで)
特別に「DA.CHA.NE」のPVが流れた。
正直懐かしいわ。
Anas1Anas2

Anas3Anas4

|

« 岩手日日新聞を考える | トップページ | やじうまテレビ!マルごと生活情報局 »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/49638799

この記事へのトラックバック一覧です: あなろぐ 20周年じゃあ~りませんかスペシャル:

« 岩手日日新聞を考える | トップページ | やじうまテレビ!マルごと生活情報局 »