« 老いて分かるAMAZONと楽天の違い | トップページ | 落合放送局 »

結局「やじうま」

テレビ朝日朝の名門「やじうま」、終わる…という報道があったばかりなのに、
結局後番組もやっぱり「やじうま」だった。(日刊スポーツ

タイトルは「やじうまテレビ」。
「やじうまワイド」「やじうまプラス」ときて「やじうまテレビ」…
「めざましテレビ」の向こうを張ったのか。

ただ、これまでの「新聞紹介」スタイルを一新するという方向は変えないようだ。
サブタイトルに「マルごと生活情報局」とあり、
身近な情報を中心に据えるようである。

しかし、まさか司会者が気象予報士の依田司氏とは…。
「スーパーJチャンネル」などに出演していた人である。
さわやかといえばそうだし、地味といえば…(テレビドガッチ

いちおう、コーナーとしての新聞紹介は続ける(他局もやってるもんね)。
その担当が「吉澤一彦」…なんだぃ、キング続投か。
「やじうま」は続くわけね。

|

« 老いて分かるAMAZONと楽天の違い | トップページ | 落合放送局 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/49347691

この記事へのトラックバック一覧です: 結局「やじうま」:

« 老いて分かるAMAZONと楽天の違い | トップページ | 落合放送局 »