« Facebook顛末記(ただし、一瞬の話) | トップページ | ルパンティック・ジャズ・ナイト盛岡公演 »

シティ青山、取り壊され「ビッグハウス」へ

幾度となく当ブログで追いかけてきた、昨年閉鎖された盛岡市青山の商業施設「シティ青山」。
閉店後に残った大きい建物を利用した居抜き入居かと思っていたが、
なんと「取り壊し」。
そして跡地に「ビッグハウス」が来年、建設されることになった。(盛岡タイムス

ダイエーのフランチャイズから、凋落の道をたどったシティ青山については
当ブログでもしつっこく取り上げているので、過去記事を検索いただくとする。

昨年、倒産したシティ商事から建物を買い取った大阪の不動産会社((株)グランディム)は、
残っていたテナントを無視する形で店舗を閉鎖(盛岡タイムス)。

マンションなどに転用することを検討でもしたのかしないのか不明であるが、
今般、ビッグハウスを運営する「ベルプラス」が土地を買い取った模様。

昨年の店舗閉鎖前には「マルイチ」が出店の意思を示していたが、
結局、不動産会社側が閉店を押し切っていた。

現在マルイチはベルプラスから商品供給を受けており、
さらに経営統合を準備中
(秋田県のスーパーとの経営統合もぶち上げたがそちらは破談している)。
そういう意味では、結局、元のさやに戻ったといえるかも知れない。

当地区はスーパーがひしめく激戦区であり、
マイヤ、ユニバース、ジョイス、生協が群雄割拠
(なお先日、マイヤと提携したマルカンは食品スーパーを閉鎖している)。

ドラッグストアも薬王堂、ツルハ、サンドラッグ、カワチ、ダルマと勢揃い。

言わずもがな、シティ青山を死に追い込んだ張本人、ジャスコ(イオン)もいる。
GMS(総合スーパー)業態では新しさ、規模共に勝ち目なかったわけだが、
今回、心機一転、食品スーパーとして生まれ変わることとなる。

折しも、この地区はベルプラス系の空白地帯となっている。
「かしむら」は閉店して久しく、「マルイチ」もユニバース青山店と競合はしているがやや遠い。
ビッグハウスになると、滝沢まで足を伸ばさねばならない。

ビッグハウスといえば一物三価など、ディスカウント型業態として
特徴ある店舗施策をとっている。
この業態を、CGCグループを通じて他社にライセンスしているのは有名な話で、
北海道の「ラルズ」、茨城の「タイヨー」、
さらにユニバースも導入していたりする

他社も導入することからも分かるように、
普通の食品スーパーとは少し毛色の違った業態であり、
周辺のスーパーとじゅうぶん差別化できる、と見込んで今回の計画に至ったのであろう。

某県紙によればテナント棟も併設されるとのこと。
とすればドラッグストアか、と思うが、先述通りこの地域では過当競争気味。

衣料、家電、ホームセンター、ファミレス、
はたまたスポーツクラブ(シティ青山には閉鎖直前までコナミが入居していた)など、
他社がビックリするようなテナントを引っ張ってくる可能性もなくはない

まあ、ベルプラスがそんな気の利いたことをするとは思えず、
「八珍亭」と青森の衣料品店とか、そんな感じで落ち着くと思うが
(以前ちらっと触れた「ドン.キホーテ」は盛岡に出店の意向はあるようだが)。

ともあれ、シティ青山の閉店で火の消えたような静けさに包まれていた当地区が、
ビッグハウス(とテナント)の開店で、再び活気づくことになるのか。

消費低迷が叫ばれ、当のベルプラスも経営統合するしないで世間を騒がせたりもした。
そんな混迷の時代、激戦区での文字通り「激しい戦い」に、ベルプラスはどう臨むのか。
大いに気になるところである。

|

« Facebook顛末記(ただし、一瞬の話) | トップページ | ルパンティック・ジャズ・ナイト盛岡公演 »

「小売業」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/49509836

この記事へのトラックバック一覧です: シティ青山、取り壊され「ビッグハウス」へ:

« Facebook顛末記(ただし、一瞬の話) | トップページ | ルパンティック・ジャズ・ナイト盛岡公演 »