« 話が伝わらない選手権 | トップページ | MONEY »

ごみ減量?

うちの燃えるごみの量が格段に減った。

…といっても、「プラスチック」が「移籍」しただけなのだが。
しかしその量たるや、「燃えるごみの半分」が移籍した、といっても過言ではない。

野菜の切りくず、丸めたティッシュ、タマゴの殻、コーヒーかす、
これらは今まで通りなのだが。

カップ麺のカップ、お菓子やアメの袋、パンの包装、穴の空いたビニール袋…
これらはすべて「プラ」行きになった。

容積で言えば、空気を含んだプラの方が大きい。
だからごみの「かさ」でいえば、燃えるごみが半分以下になってもおかしくはないのだ。

むしろ、プラごみがたまってしょうがない。

盛岡市(旧都南村・玉山村地区のぞく)では
「びん・缶・ペットボトル」の回収日に「プラスチック」も収集するようになった
相変わらずホームページでは何が何だかハッキリしないけれど)。

燃えるごみの収集は週2回なのに対し、
プラごみは月2回。週に直せば0.5回以下である。

量としてはプラごみの方がむしろ多いのに。

ま、プラごみは生ゴミと違って腐らないので、
ためておける、というのはあるかもしれないけど、
なにしろ「かさ」があるんで、場所をとるのよね。

だったら、プラスチックごみの出ないような買い物をすればいいじゃないか、
という「リデュース」的な発想になるよねー…

俺はロハス奥さまじゃないんで、そんな風にはイカンのだ。
人並みにカップ麺を食べるし、野菜だってビニール袋に入ったもので買う。

エリンギは過剰なほどに頑丈な黒いトレイに入ったものを買うし、
タマゴは大体、あの邪魔っ気のある透明パック入りのを買う。

で、回収回数が少ないからプラごみだけがたまっていくのだ。

このように、燃えるごみは減ったが、
プラスチックごみは(増えてはいないが)増えたような感じになった。

住民も努力しているのだから、ちゃんとリサイクルしてほしいもんである。

|

« 話が伝わらない選手権 | トップページ | MONEY »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/49423387

この記事へのトラックバック一覧です: ごみ減量?:

« 話が伝わらない選手権 | トップページ | MONEY »