« 交通事故はなくならない | トップページ | 無駄のちから »

笑う大捜査線

イカタコウィルスの作者、湾岸署に送検。(読売
各マスコミのカメラは容疑者の「不敵な笑み」をとらえていた。

派遣切りでムシャクシャして「原田ウィルス」を作ってとっつかまり、
執行猶予を喰らっていたさなかの作品がイカタコ。
「逮捕後のプログラミング技術を試そう」と思ったそうな。

おそらく仕事もなかったはず。
息子が逮捕されて慚愧の念にさいなまれていたであろう、
パパやママの元でのうのうと暮らしながら、作ったんじゃないかな。
オナニーでもしてりゃあいいのに。

(前回の逮捕容疑である)著作権法でパクられまいと、
かわいいタコやイカの絵は、
ウィットに富んだ(笑)P2Pへの警句を添えて、自分で描いたのだそうだ。
意外に絵のセンスもあったり。(かくれオタのブログ

今度は間違いなく、臭い飯を喰う。
それなのに、送検時ヘラヘラしているところから、
懲りてないように思える。

だからムショから出てきたら、またやるのかな…と思うけど、
塀の中ではPCなんかないから、
彼のご自慢の「プログラミング技術」は確実に鈍る。

さらにその間にソフトウェアの技術は進歩してしまうだろうから
おそらく「新作」を作ることは難しいはず。

あの笑みはなんだったのだろう。

|

« 交通事故はなくならない | トップページ | 無駄のちから »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/49061721

この記事へのトラックバック一覧です: 笑う大捜査線:

« 交通事故はなくならない | トップページ | 無駄のちから »