« 帰ってきた戸田信子 | トップページ | 携帯の画面より脆い電子マネー »

ゴミの分別

盛岡市のゴミの分別ルールが8月から変わった。
「資源ごみ」となる、「紙」「プラスチック」の分別が新たにスタートしている。

「プラスチック」については、
これまで「燃えるごみ」だったフィルム類やカップ類、
ペットボトルのラベルとふたなどが
「プラスチックごみ」として新たに分類されている。

基本的には「プラ」のリサイクルマークがついているものが対象となる。
ただ、バケツなどの大きなものは今後も「不燃ごみ」になるようだ。

難しいのが「紙」で、「(資源ごみの)紙」と「古紙」に分かれているが、
その分類が非常に微妙。
新聞・雑誌などはこれまで通り「古紙」で、
お菓子やタバコの紙箱は「紙」。

こちらも「紙」のリサイクルマークが判断材料となるようだが、
「ティッシュの紙箱」は「古紙」になるのだという。
あれ? ティッシュの箱にも「紙」のリサイクルマークがついているんですけど…
なんだか難しいなぁ。

盛岡市のホームページでこれを調べようと思ったのだが、
情報が古いままで全然要領を得ない。

昨年に全戸配布された「ごみ分別辞典」(品種ごとにごみのカテゴリーを表示した冊子)も、
HPに上がっているものと思ったら、「(旧)玉山村」のものしか見つけられなかった。

そして、旧都南村地区に関しては、こちらもルールが異なっている。
…都南村が盛岡市と合併して20年近く経つのに。

「分別ルール」だけでなく、「地域の分別」でも住民を混乱させ続ける盛岡市。
問題を放置したまま、新たな課題をつきつけられ…盛岡市民でいるのも大変です。

|

« 帰ってきた戸田信子 | トップページ | 携帯の画面より脆い電子マネー »

岩手県」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/49134320

この記事へのトラックバック一覧です: ゴミの分別:

« 帰ってきた戸田信子 | トップページ | 携帯の画面より脆い電子マネー »