« 嗚呼! 上さま讃歌 | トップページ | ゴミの分別 »

帰ってきた戸田信子

IBC・照井健アナのブログにとんでもない人物が登場。
「戸田信子」。
ラジオ「ワイドステーション」にゲスト出演したのだそうで。

戸田は岩手出身で、IBCのエースアナウンサーであった。
「ポップチャンネル」などを担当した後、
「ニュースステーション」にぶつけるためにTBSが立ち上げたニュース番組
「ニュースデスク'88」に起用される。このために、IBCを退職する。

しかしこの番組はNステにたたきのめされ、半年で打ち切られてしまう。

戸田はテレビ朝日の報道キャスターを担当することとなり、
「ステーションEYE」「CNNデイブレイク」などに出演する。(Wikipedia

当時岩手県にテレビ朝日系列局は存在せず、
戸田のしゃべる姿は岩手県では見られなくなってしまう。
(まあ、岩手にもいろいろ情報は漏れ伝わってきましたけどね)

その後、96年に岩手朝日テレビが開局するが、
戸田はテレビ朝日の番組からも去ったあとであった。

97年に、IBCは「社運をかけて」、
夕方の情報番組「幸見の夕刊テレビ」を立ち上げる(*)。

そこでサブ司会として起用するために、IBCは戸田を盛岡に呼び寄せ、
局アナとして復帰させた
(実際、「岩手日報IBCニュース」なども担当しニュースも読んでいた)。

結局、「夕刊テレビ」は1年半で終了。
その事態に追い込んだのが、今も続く「5きげんテレビ」であった。
結果として、また戸田は「負け番組」に起用されてしまったことになる。

その後、江幡平三郎アナ(現:東部支社長)とともに
ゴールデン帯の30分枠「おばんDEナイト」の司会者に就任するが、
これも早々と終了してしまう。そしてひっそりと戸田はIBCを再び辞し、
以後はWikipedia先生でも行方を知らない状況にあった。

で、照井アナによると担当番組終了後、渡米していたそうだ。

戸田同様の「地元出身」土村萌アナもまじえた3ショット写真を見ると、
お顔は、10年前とあまり変わってない。
もっと言えば20年前とも変わってない。
「ポップチャンネル」思い出すなぁ。

いまはケンタッキー州の大学で日本語講師をしているそうで、
「Biginning Japanese」というテキストブックを持ってニッコリの写真も。

戸田の現在については、以前から検索してもまったく分からなかったのだが、
今回の照井アナのブログをもとに、いろいろな単語で調べたら…
Nobuko Patton」という名前で「ベレア大学」に勤務しているようだ。

パットン…
「夕刊テレビ」に出てた「留学生ディレクター」が
「ネイセン・パットンさん」だったなぁ。もしかして!?

パットンさんってこんな人だったっけ?

*当ブログでは以前、調子に乗ってシリーズで
 「幸見の夕刊テレビ」について書いた。
 戸田の経歴について当記事とだいぶ重複しているが、
 ご興味のある方はどうぞ。

|

« 嗚呼! 上さま讃歌 | トップページ | ゴミの分別 »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/49114928

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた戸田信子:

« 嗚呼! 上さま讃歌 | トップページ | ゴミの分別 »