« 携帯の画面より脆い電子マネー | トップページ | バック・トゥ・ザ・1992in岩手 »

ピンチ!スーパーモーニング

「リンカーン」で出演者が「どんな番組を見ているか」という話題で、
さまぁ~ずの三村が「とくダネ!」を見ている、という話に。
『やっぱり「スッキリ!」か「とくダネ!」』と言っていた。

この選択肢になかなか「スーパーモーニング」(テレビ朝日)は入らない。
上記2番組よりも歴史があり、
ワイドショーの祖「モーニングショー」の直系という名門番組でもある、はずなのに。

“朝のワイドショー市場”は、辛口司会者・小倉智昭が仕切る「とくダネ!」か、
加藤浩次&テリー伊藤の「スッキリ!」に二分され、
さらに「はなまるマーケット」も一定層のファンを持ち、
NHKは「あさイチ!」でジャニタレを担ぎ出しこれまた支持を集め始めている。

よそから、足下の土を持って行かれ、屋台骨が揺らぎ続ける「スパモニ」。
最近は低視聴率傾向が止まらないという。

司会者のカリスマ性のなさも、原因の一つだろう。
赤江珠緒ひとりに任せるのならそれも一つの方法だと思うが、
現在は同い年の小木逸平アナウンサーとのコンビになっている。

この小木アナ、入社して以降「ワイド!スクランブル」のコーナー司会一筋だったが
昨年からこの番組の担当となっている。
落研出身で語り口も軽快なのだが、見た目がどうにも「地味」。

当時ABCアナウンサーだった赤江が起用された当時は
男性司会者は渡辺宜嗣アナで、まだ安心感もあったが、
小木アナは“係長顔”でどうにも頼りなく、おかげで隣の赤江の印象も薄まっている。

そして番組内容の「堅さ」。
メインコメンテーターに鳥越俊太郎が就いていることもあり、
報道寄りになるのはいたしかたないとしても、
小倉やテリーのように「かみ砕いてくれる」司会者がいない。

コメンテーター陣含め、「ニュースの職人」「ニュースの達人」はいても、
「ニュースの伝道師」がいないのである。

極め付きは、「鬼のような眉間」でおなじみ、玉川徹の徹底レポート。
税金の無駄遣いをする役所を理詰めと行動力で徹底的に追い詰めるのだが、
玉川のその顔つきもあって、庶民の味方というより、
いじめっ子の様相を呈し、爽快感に乏しい。もっと言えば「スッキリ!」しない。

最近は番組冒頭に討論コーナーを持ってきたりと
試行錯誤は続いているようだが、どうにもしっくり来ない状態が続いている。

「モーニングショー」時代に培ったネットワークで、
テレビ朝日系列局のない地域でも放送されており、
一時は47都道府県すべてに電波が届いていたが、今般の不調に至り、
昨年春には鳥取・島根両県と、宮崎県のTBS系が放送を打ち切り、
本来の系列番組「はなまるマーケット」に乗り換えている。

10年前には司会者に、誰が見ても畑違いの前田吟を起用するなど、迷走する時代を経て、
宜嗣起用で安定を迎えていたのに、NHKまで本腰を入れ始めるなど
裏番組の活況で再び迷路をさまよう「スーパーモーニング」。

この秋も、大きな動きがありそうである。

|

« 携帯の画面より脆い電子マネー | トップページ | バック・トゥ・ザ・1992in岩手 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/49178183

この記事へのトラックバック一覧です: ピンチ!スーパーモーニング:

« 携帯の画面より脆い電子マネー | トップページ | バック・トゥ・ザ・1992in岩手 »