« 無駄のちから | トップページ | 嗚呼! 上さま讃歌 »

なにぶん不慣れなものでして

出張のため、『楽天トラベル』で県内のホテルを予約。

旅慣れないもので、定宿というものがなく、
次から次へと泊まるホテルを変えてしまう。
だからときに大ハズレにつかまったりするけど…。

東京では『山谷の安宿』にもトライしたりしている。
お宿選びも旅の醍醐味である(その前に仕事が一番大事ですが)。

この日は、ホテルと名乗っているが、写真から見るに『旅館』を予約した。
値段もお安く、お手頃。
泊まったことはない。それ以前に、今まで楽天トラベルで見たことのないお宿である。
ならばなおのこと楽しみである。

ところが。
次の日、電話がかかってきた。
「旅館の○○ですが」

はあ、なんでしょうか。
「実は、ご予約いただいたんですが、その日は部屋が満杯でして…」

へ? 満杯?
「そうなんですよ。ですので、泊められないんです」

じゃあなんで、楽天では予約できたのかなぁ?
…どうも旅館側は要領を得ていないようだった。
ははあ、始めて楽天に登録したんだな。

で、こちらでキャンセルすることにして電話を切った。
楽天トラベルにアクセスし、キャンセル操作を行う。
そして、以前も泊まったことのある別のホテルを予約した。

するとまた「旅館の○○です」。
え? なんでしょう?
「あのー…また予約のFAXが来たんですが…」

そうだ。ホテルや旅館は、楽天トラベルとファクシミリでやりとりをするのだ。
だから、部屋の予約状況と、楽天トラベル側で齟齬が起こるのだ。

いや、だからさっきキャンセルしたってば。
「え…(といってFAXの紙を見る)宿泊キャンセルのお知らせ…って書いてますねcoldsweats01

もしかして、お宅、不慣れなの?
「…はぁ、そうですbleah

これ以上いじめるのはやめておいた。

旅館側としては、楽天トラベルを使えば、
部屋が埋められると思って登録しているのだろう。

しかし、旧来通り電話などで予約してくる客なんかもいるので、
あいにく部屋が埋まってしまったとしても、
楽天トラベルに『この日は満室』という情報を送ることは怠ってしまうのだ。

いまもう一度楽天トラベルを見てみたら、
この旅館、「満室」という日にまだ予約が出来るようである。

同じ目に遭っている客もいれば、
この旅館もその対応に困っているのだろうか。

|

« 無駄のちから | トップページ | 嗚呼! 上さま讃歌 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/49084067

この記事へのトラックバック一覧です: なにぶん不慣れなものでして:

« 無駄のちから | トップページ | 嗚呼! 上さま讃歌 »