« 消えゆく者のサンバ | トップページ | 真夜中は別の顔 »

オンブズマンって何ですかね? おんぶ自慢?

「市民オンブズマンいわて」(開かれた行政を求めるいわての会)が、
岩手県議会が支払った交通費が過大だとして県を訴えていた裁判の二審が
仙台高裁で言い渡され、オンブズマン側の主張をおおむね認めた一審を覆し、
県側の主張を認めた。(IBC朝日新聞

オンブズマンは、県が支払った議会の規定の交通費が、定額支給のため、
実際の交通費と差額が生じており、これが違法にあたる、と主張し、
その差額、約1000万円を返還するよう、知事に求めていた。

県庁内で記者会見に応じたのは、オンブズマンの会長、井上博夫氏ら。
岩手大学で教鞭をとる政治学者であるが、
オンブズマンの代表としてよくマスコミにも登場している。

井上氏側は当然納得せず、最高裁に上告することを表明した。

しかし、こうやって裁判を繰り返している間に、
時間も過ぎ、その分、コストもかかる。

弁護士費用とか、訴えられた県側の人件費、裁判所の人件費…。
たぶん、トータルすれば1000万円くらい使っているのではないだろうか?

「そういう問題じゃない、我らは正義を問うているのだ」と
熱い口調で反論されるかもしれないが…。

この件を報道するマスコミはおそらく県の味方はしないと思われるが、
オンブズマン側の主張が本当に正しいのかどうかも、
よく考えてみたいところだ。

世の中、黙っていたほうが、自分たちにも、
皆にも得なこともある。

|

« 消えゆく者のサンバ | トップページ | 真夜中は別の顔 »

「ニュース」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/48948336

この記事へのトラックバック一覧です: オンブズマンって何ですかね? おんぶ自慢?:

« 消えゆく者のサンバ | トップページ | 真夜中は別の顔 »