« 真夜中は別の顔 | トップページ | サンダルとの戦い »

盛岡家電戦争

野ざらしになっていた、旧サティ盛岡店跡地(盛岡市津志田)に、
「ケーズデンキ」が新店を建てることが決まった。(愛Loveもりおか

店舗面積は、岩手県最大の面積を誇る、ヤマダ電機盛岡本店に匹敵するという。

現在は、すぐ近くに比較的小規模なケーズの店舗があるが、
こちらは閉鎖の線が色濃いという。
もともとは「デンコードー」の店舗であった。

デンコードーといえば、盛岡市前潟に巨艦店を建て、
当時の盛岡市民の度肝をぬいたものだが(現在のケーズデンキ盛岡西本店)、
それすら、いまでは小さく見えるものなぁ…。

同社は東北のリージョナルチェーンであったが、
数年前に、競合チェーンだったケーズデンキのフランチャイズとなり、
「デンコードー」の看板をたたんだ。

以後、岩手県ではケーズデンキがほぼ市場を独占する状態にあるが
盛岡だけはケーズデンキとヤマダ電機、そしてコジマが争う状況にある
(アネックスカワトクにはベスト電器もあるが、
残念ながらやや競争に遅れている感は否めない)。

そしてジャスコやサティの家電売り場も、
大量仕入れの旗印のもと、B級メーカー製の激安品で勝負を挑んでいる。

こんな状況であるから、「盛岡で働く次長のブログ」が指摘するとおり、
だいぶ盛岡市内の家電店は価格が安くなってきている。

先日花巻のケーズデンキをのぞいたが、
「同じケーズなのにこんなに値段が違うの?」と驚いてしまった。

家電販売店はなんといっても「価格」と「品揃え」。
そのためにはやはりデカい店、ヤマダに負けてなるもんか…
ケーズデンキが勝負をかけた。

いっぽうで、中規模店でも両社は火花を散らす。

盛岡市青山にはヤマダ電機の盛岡2号店が建設中である。
すぐ近くにはケーズデンキ盛岡北本店がある場所。
こちらは逆にケーズへヤマダがケンカを売る格好である。

先に、岩手県はケーズがほぼ独占、と書いたが、
一部の市ではヤマダ電機が出店し、ケーズと競合している。
しかし出店のスピードは遅い。

単に、商圏の広さや購買力から見て、うまみがないと思っているのか、
それとも、デンコードー(ケーズ)の出方を見極めているのか。

そんな中での盛岡2号店。
業界の雄・ヨドバシカメラもビックカメラもないけれど、
盛岡家電戦争は過熱している。

|

« 真夜中は別の顔 | トップページ | サンダルとの戦い »

「小売業」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/48978277

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡家電戦争:

« 真夜中は別の顔 | トップページ | サンダルとの戦い »