« 英語できない奴ァ俺んとこへ…来るな!? | トップページ | 岩手グルメ~マンボウの刺身 »

テレビ欄もリストラ

岩手日報の朝夕刊統合から2週間。
すっかり定着した感はあるが、いかがだろうか。

毎朝、朝刊で「年寄りサロン」こと投稿欄を見て、
高齢者のモノの考え方を学び、
「地域面はカラーだよ」と言いながら、
たまに白黒になる「沿岸」面に気の毒さを覚えたり。

テレビ・ラジオ欄も変わった。
が、なんだか微妙なリニューアルを巧妙に行っている。

最終面のテレビ欄については、若干段数を減らして、行間を空けて見やすくしている。
どこを整理したかと言えば、「深夜」である。
リニューアル前は11行ほどあったが、現在は5行しかない。

ま、各局とも「買物」ばかりだからいいのか。bleah

中面のラ・テ欄は、夕刊の芸能・文化記事のスペースを作るために、
3つのリストラ。

1)青森・宮城各局の番組表の短縮
2)ラジオNIKKEI掲載中止
3)在京AM3波(TBS、ニッポン放送、文化放送)掲載中止

1)については、ニーズはあまりないと判断したのだろうか。

2)は、短波ファンには残念だろう。
正直なところ、その名称が岩手日報社には気に食わなかったのかもしれない。

それ以上に岩手日報社らしいのは3)ではなかろうか。

「東京のラヅオなんか聞がねぇで、
我が社が支援(すえん)するIBC岩手放送を聞ぎなさい」
というメッセージのおつもりなのだろうが、
二戸や遠野、沿岸の町村部など、IBCラジオがまともに聴けない地域は
2010年になってもいっぱいあるのだ。(うちの田舎も未だに聴けない)

これらの地域でなくても、在京ラジオのニーズは根強いのだが、
聡明なる岩手日報社社員の皆様には、些末な事象にしか感じられなかったようである。

「夕刊をリストラ」することの苦労と苦悩に比べたら、
なんともちっぽけなことかもしれないが…。

|

« 英語できない奴ァ俺んとこへ…来るな!? | トップページ | 岩手グルメ~マンボウの刺身 »

「ニュース」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

結局、新聞に番組表が載っている、ということに価値があるんで、
日報がそれを放棄した、ということは、同社が岩手県民から
これらのラジオ局を引き離したい、という意思があるのだ、と思われてもしかたないでしょう。

投稿: たかはし | 2010.07.20 23:13

岩手日報のラテ欄の改悪っぷりには少々呆れている感じです。
深夜の行数を減らしたおかげで、一部の番組が無理矢理なタイトルになっていたりもしますが…。

AMキー局やラジオNIKKEIが無くなったのもなんだか複雑な気分です。知りたきゃネットで確認しろってことですかね。

投稿: ホウス | 2010.07.16 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/48880611

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ欄もリストラ:

« 英語できない奴ァ俺んとこへ…来るな!? | トップページ | 岩手グルメ~マンボウの刺身 »