« イヤでも地デジにせねばならぬ | トップページ | 必殺仕事人 »

意外な組合せ ツルハとポプラ

意外な事業提携話が持ち上がった。
ドラッグストアのツルハと、
コンビニエンスストアのポプラが提携することとなったという(日本経済新聞)。

両社は融合店舗の共同開発を行う予定。
また、ツルハからPB(プライベートブランド)をポプラに提供、
逆にツルハはポプラから店舗内ATMの運営手法を学ぶという。

ツルハの本社は札幌市。
東京地盤の「くすりの福太郎」を傘下におさめ、
自前でも首都圏をカバーし、西日本にも店舗はあるが、
基本的な営業範囲は北海道から東北が中心。

いっぽうのポプラは広島市に拠点を置き、中国・九州北部に強い。
鮎川誠を起用したCM「やっぱ九州のコンビニはポプラやね」はつとに有名。
高島屋系の「生活彩家」を買収、関西や首都圏にも手を広げるが、
ブランド力が弱く、数はさほど多くない。

このように、西日本に強いポプラと、
北日本のツルハはそれぞれの出店地域の重複が弱い状態にある。
両社が互いに出店する首都圏でも、そもそも業種も違うので、
食い合いは少ない。

そして先述したように、ツルハはコンビニ流の店舗経営を学びたい、
お弁当も売ってみたい(ポプラは手作り弁当に強みがある)。
ポプラは薬を売ってみたいし、
強いPBも導入したい(ツルハのPBはアイテム数が多い)。

利害関係が一致しての提携なのである。
プレスリリースにもあるとおり、
両社はそれぞれは地方発の企業であるという矜持もあり
資本提携はしないようだが、お互いの良い点を提供し合い、
かつ食い合わない「Win-Win」の提携となる。

ただ、ツルハに関して言えば、店舗ごとの裁量が大きく、
処分価格で販売したりするような比較的自由な雰囲気が、
ポプラとの提携で失われたりすることがなければ、と思う。

|

« イヤでも地デジにせねばならぬ | トップページ | 必殺仕事人 »

「ニュース」カテゴリの記事

「小売業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/48816478

この記事へのトラックバック一覧です: 意外な組合せ ツルハとポプラ:

« イヤでも地デジにせねばならぬ | トップページ | 必殺仕事人 »