« 三陸ミステリー、解決なるか | トップページ | 北野武、大いに語る »

岡田武史総理大臣

ごめんね岡ちゃん」が話題になる中、
名将の呼び声も上がる岡田監督が『総理大臣』になってしまった。

本日付の新聞『デーリー東北』(青森県八戸市)が、
サッカー日本チームの岡田武史監督が、記者会見で改めて退任の意向である、という記事に、
誤って「岡田首相 退任の意向」という見出しをつけてしまったという。

同社は公式twitterで「岡ちゃんごめんね」ならぬ
読者へのお詫び」。

公式サイトでも謝罪コメントを掲載しているが、
「凡ミス」だったことを、素直に認めている。

印刷途中で「岡田首相」に気づいたが、時すでに遅し。
配布する10万部のうち、5万部が誤ったままで配布されたそうである。

名将・岡ちゃんへの賛辞ムードが社内に渦巻いていたのか、
それとも菅直人の次は岡田克也が民主党の党首になる、
という深層心理が働いたのか。

『デーリー東北』とは、またシャレた紙名の新聞だが、
八戸市を中心とした地域紙である。

県境をまたいで、岩手県の洋野町や久慈市も守備範囲としており、
そこそこの地域で読まれてはいるが、
やはり所詮は中小新聞。チェック体制は甘かった。

これが朝日や読売だったら何人もの首が飛ぶのだろうが、
まあそこそこの規模の新聞社では普通は起こりえない事象である。

ミニ新聞社のなせる技なのかもしれない。

「岡ちゃんは総理大臣に祭り上げられるほどの人物だったのかもね」
という、ほほえましさも抱かせてしまうのだから。

|

« 三陸ミステリー、解決なるか | トップページ | 北野武、大いに語る »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/48769108

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田武史総理大臣:

« 三陸ミステリー、解決なるか | トップページ | 北野武、大いに語る »