« 日本一見せたくない番組 | トップページ | 謎が残る「三陸ミステリー」 »

商品情報~大麦黒酢と久慈の山ぶどう

「ジョイス」にて購入、128円。
以前、ジャスコに山積みになって売られていた商品である。
今もあるのかな?

ジョイスの飲料コーナーの片隅に並んでいた。
風変わりな紙製の缶で「カートカン」というらしい。

製造は「有限会社総合農舎山形村」。
山形村は、数年前まであった村である。
現在は海に面した「久慈市」(美人すぎる海女でおなじみ)と合併し、山形町となっている。
とりたてて大きな産業のない山村だが、こんな商品も作っていたのだ。

昨年の2月に市場に出たようで、
いろんなところで名前を聞く「草野悟」氏がプロデュースしているようだ。

見た目についてはWEBサイトにも載っているのでご覧いただくとして、
ふたを取ると、やや濁った紫色の液体。ヤマブドウを搾った、という感じがする。
が、においはまぎれもない「黒酢」。体がフニャフニャになりそう。
ほんのり「山のきぶどう(動画再生注意)」みたいな香りもする。

ひとくち飲むと…甘みはほんのり。酸味も強くはない。
が、においがとにかく「黒酢」そのもの。
目隠しされたら、「はちみつ黒酢ダイエット」と区別がつかない。
一緒に買ってくれば「格付けチェック」ができたかも。

地元の材料を使う、というのはいいが、
やや「黒酢」(これは岩手産じゃないはず)が主張が強いのと、
128円もちょっと高い気がする。やっぱり98円だなー。

黒酢ではなく「久慈の山ブドウ」を前面に押し出せば…となると
それこそ「山のきぶどう」になっちゃうし。

まずくはないけれど、続けて買うかと言われるとちょっと…というところか。

岩手は「原材料生産地から抜け出せない」
「新商品を作るのも売るのもヘタ」とは言うけど、
やっぱり難しいことなんですよね。
とりあえずごちそうさまでした。

|

« 日本一見せたくない番組 | トップページ | 謎が残る「三陸ミステリー」 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/48370980

この記事へのトラックバック一覧です: 商品情報~大麦黒酢と久慈の山ぶどう:

« 日本一見せたくない番組 | トップページ | 謎が残る「三陸ミステリー」 »