« 岩手のテレビ・ラジオ 2010春の備忘録 | トップページ | マルカン、マイヤと業務提携 »

巨匠は世間にベロを出す

萩本欽一~テレビを作り、テレビにのみ込まれた天才の「巨人の功罪」」(サイゾー)。

先日放送された「悪いのはみんな萩本欽一である」(フジテレビ)の視聴評。
『「天才の「巨人の功罪」』という、くどい部分のあるタイトルは突っ込んでいいと思うが(笑)、
お笑い評論家兼フリーライター・ラリー遠田の筆である。

おわライター」として、トークショーや座談会などにも引っ張りだこの遠田。
彼のお笑い批評はところどころで目にするけど(ブログも読んでるし)、
いつもどこかに違和感を感じさせてくれる。完全に納得させてくれないというか。

今回の批評も、途中まではうなづかせてくれるのだが、
途中でやっぱり首をひねりたくなった。「ほんとに萩本欽一を分かってんのかね」と。

実際、この番組の存在は知っていた。しかし見られなかった。

遠田の文には「フジテレビ系」とあるが、
いまのところ、フジテレビ(関東ローカル)でしか放送していないようである。

探してみると、動画があったので、見てみた。

違法といえば違法なんだけど、
岩手県の地上波では見たくても見れないんだからしょうがない。
(こういうときに地方局が頼りにならないことは、イヤと言うほど知っている)

この番組は、先日、ナインティナインの岡村隆史が逆批判企画を番組でやってのけ、
ブーイングの嵐となった(笑)ことでもおなじみ、
BPO「最近のテレビ・バラエティ番組に関する意見」(以下BPO意見書)を受けて制作された。

演出兼案内役は、是枝裕和(テレビマンユニオン)。
柳楽優弥の「誰も知らない」などで有名な映像作家である。

(ただ、やりにくい立場にはあった模様。参考:HALTANの日記

「テレビの笑いが糾弾されるようになった元凶」である萩本を被告人とし、
証人として、萩本を古くから知る三宅恵介(フジテレビ)や、
「T部長」こと土屋敏男(日本テレビ)が登場する。
まあ、実際の絵面は、三宅らが「大将」に尋問されているようにしか見えないのだが(笑)

構成としては、萩本の過去の出演番組や、
証言者(関根勤、小堺一機)の「萩本評」などを通して、
「欽ちゃんの笑い」とは何だったのかを検証していく形になっている。

そこに、いま糾弾されている、テレビのお笑いが
何を解決すべきなのかが見えるのでは、と、
番組側は考えたようである。

結論から言えばそれは分からないままであった。

萩本自身も、「(一緒に番組を作り上げた人々もいるので)反省はしない」と言っており、
何をもって「間違い」だったのかは、この番組は明らかにしていない。

萩本は、浅草を飛び出て、坂上二郎とともに「コント55号」で活躍。
坂上の背中を跳び蹴りするような、大変にアグレッシブで毒の強い芸風であった。

当時すでに、コント55号への風当たりは強かったようだ。
それは、坂上が「いじめられ役」になることでの「イジメ」への批判が主。
「イジメ」はBPO意見書にも、幾たびとなく出る単語である。

その後、萩本は「欽ドン」「スター誕生!」で、「素人いじり」という新しい笑いを開拓。
萩本自身が、プロのタレントと絡みにくいことから思いついた、
苦肉の策でしかなかったが、
このイノベーションが、テレビの笑いを新たなステージへと導いていく。

うまく芸が出来ないことが笑いになるという、
「スベリ笑い」の源流も、萩本であった。
前川清や、斉藤清六といったどんくさい面々が織りなすシドロモドロを、
萩本は笑いに昇華させる。

その二つが融合する「オールスター家族対抗歌合戦」もまた、人気番組となっていく。

そして萩本は、テレビで「いけない笑い」を追求する罪滅ぼしのつもりで、
「24時間テレビ」のオファーを受けてしまう。
1回限りのつもりだった。

しかし、笑いの鬼である萩本は、
このチャリティ番組で、禁断の果実を見つけてしまう。

風呂に自分で入れないおばあさんが、
お風呂に入れてもらった時に見せる笑顔。

こういう笑いも、あるんだな…。

そして萩本は10年間にわたり、このチャリティ番組の司会を務める。
遠田の言う「善良なお人好し」という虚像は、ここから生まれた。

断言するが、萩本は「善良なお人好し」ではない
(遠田も分かっているかもしれないが)。

番組リハーサルで共演者をまる一日拘束したり、
後輩芸人へのダメ出しを朝から夜まで続けるような、
ストイックかつ冷淡な面を持つ。

そしてそのものさしはズバリ「視聴率」だったりするから、たちが悪い。

しかし世間一般には、遠田が指摘するような、
「オネエ言葉を使う、善良なお人好し」のイメージが完全にしみつくのだ。

そこから落ちるのは早い。
「THE MANZAI」「オレたちひょうきん族」といった、
萩本が追い求め続けた「笑いのアナーキズム」をさらに濃縮し、
かつ萩本の手法と全く違うアプローチの番組が
天下を獲るようになる。

「過去の人」扱いされた萩本は、支持されなくなっていく。
テレビの笑いという大地を破壊し尽くし、
そこでできたヒビ割れに、自分が「呑まれて」いった。皮肉なことだ。

しかしその荒れた大地から、新しい芽が咲き、
新しい秩序という花畑が育っていった。

その後もヒビ割れは起き、幾人ものコメディアン、タレント達が呑まれたが
(それはドリフだったりビートたけしだったり、
ダウンタウンだったり、あるいは田代まさしだったりするが)、
花は相変わらず、繚乱に咲き乱れている。

その花が、綺麗に見えるか、穢らわしく見えるか、なのだ。

「PTA生花店」の選択眼、「BPOフラワーショップ」の選択眼。

「PTA」も「BPO」も、一般のお客様のニーズをつかんでいるとは言い切れないのは、
この花畑に咲く、雑多な花の「業」である。

いずれ、この花畑の源流をたどるとき、マイルストーンとも言うべき、
大きなヒビ割れを起こしたのが萩本欽一であることは、歴史が証明するところだ。

証人の土屋は萩本を(本人の前で)「狂気の人」と評した。
それに、異論はないだろう。あれだけ地面を壊したのだから。

もう一人の証人、三宅は「ゲリラ的笑いだけが残っているのが今だ」と言う。
萩本が実践したゲリラ的笑いが研ぎ澄まされていった末が、
あのBPOの意見書に結実する。

「エンタの神様」に象徴される「キャラクター芸人」がヒビ割れに落ち、
「ショート漫才」も、そろそろといった状態。
ヒビ割れ、ヒビ割れ、またヒビ割れ…。

ヒビ割ればかりを見せられ、花も元気がなくなったころに、
「原種」の花がよみがえるかもしれない。

萩本とともに笑いを壊し、「ひょうきん族」でも笑いのスキームを破壊した三宅も、
「作り込んだ笑いの時代が来ればいい」と語る。

新しい秩序は、自然に生まれる。
そこにまた、花は咲く。これは真理だろう。

遠田は、「いまのお笑い番組はすべて、萩本の影響下にある」と評価しつつも、
「お笑い芸人としてのアイデンティティを失った」、『過去の人』だと切って捨てる。

しかし、「善良なお人好しに成り下がった」萩本がなぜ、
こんな番組に出るのを良しとするか、という検証を遠田はしていない。
まあ、そこは遠田のやりたい「芸人評」の主眼ではないのだろうが…。

そもそも、自分を糾弾してみせる番組で、萩本はそれでもなお、ふんぞり返っていた。

萩本は、自分がつくったヒビ割れに落ちながら、
自分をヒビ割れに落とす世の中をせせら笑っていたに違いない。

そして、たかがお笑いなんぞにアタフタする連中(BPOとかラリー遠田とか)を、
かつて坂上二郎にやったように、背中から蹴り飛ばしているのだ。

オレなんか、いくらだってお笑いを壊してやったぞ、と。

遠田の萩本評も、BPOの意見書も、大将にとっちゃこんな感想しかないだろう。
「だから何だってんだよ」

|

« 岩手のテレビ・ラジオ 2010春の備忘録 | トップページ | マルカン、マイヤと業務提携 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/48015917

この記事へのトラックバック一覧です: 巨匠は世間にベロを出す:

« 岩手のテレビ・ラジオ 2010春の備忘録 | トップページ | マルカン、マイヤと業務提携 »