« Mr.サンデー | トップページ | 期待の新人 »

ハイビジョンへのカウントダウン、盲点は…

2011年7月24日、テレビのアナログ放送が終了する。
あまり知られていないが、衛星放送も同じ

生放送番組はもとよりハイビジョン番組が主流だったが、
バラエティ番組もじょじょにハイビジョン化が進んでいて、
とうとう残るは「タモリ倶楽部」程度になった
(タモちゃんは意固地なところがあるから
番組もそれに合わせているのだろうが)。

最近では、アナログ放送でサイドカットできない
完全16:9画角の番組も増加しているほか、
今年に入ってテレビCMも16:9画角のものが増えている
(いずれも、アナログではレターボックスで放送している)。

近々、アナログ放送の「アナログ」表示がパワーアップするという話も聞く。
サイドカット番組が原則なくなり、
アナログも全番組がレターボックス16:9で放送。
そして上下の黒帯には目立つ文字で「ごらんの放送は2011年7月24日をもって終了します」などと
告知の文字がしじゅう表示されたままになる…

「地デジ完全移行なんか無理だ」とする論評も聞くが、
おそらく断行すると、個人的には見る。
総務省は、アメリカなどの失敗(完全移行延期)事例を他山の石としているはずなのだ。

そのためにも、テロップ常時表示などの強烈な手段で
「アナログ放送は終わる」ことをアピールしなければならないわけだ。

来年に入ると、アナログでは番組自体を見れなくすることも検討しているようで、
番組の画面を覆い隠すように、地デジ機器への買い換えを促すメッセージを表示させたり、
あるいは番組も完全に流さないで、メッセージだけの画面にする方法もありうるようだ。

アナログテレビ用の地デジチューナーも、安いタイプでは5千円を切っており
(数年前までは5千円は無理と言われていたのに)、
移行へのハードルは下がっていると考えられる。

しかし、地デジ移行が進んでいないところがある。
「ホテル」だ。古いビジネスホテルや観光ホテルでは、
いまだにアナログテレビしか置いていないところが目立つ。

結局、客室すべてに地デジチューナーを置くのは相当な負担。
1台5000円で安くなってる、と書いたが、
それも100室に置かねばならない、となれば一気に50万円。

ホテル検索サービスが普及し、ただでさえ、
競争の激しくなっているホテル業界にあって、
ポンと出せる金額ではない。

それと、我らがエロチャンネル用の機器(STB状の機器)をどうするか、という問題も出てくる。
使用されないVHFの1チャンネルか2チャンネル
(昔のファミコンを思い出して欲しい)に電波を流すタイプ、
コンポジット端子(赤、白、黄色)につなぐタイプ、いずれにしても、
これがすでにアナログテレビにつなげられた状態では、
さらに地デジチューナーもつなげるとなると悩ましい。
両方つなげられるとしても、その切り替え操作はやや煩雑。

地デジを取るか、アダルトビデオを取るか…。
見ない人は「地デジでいいじゃねぇか」と思うだろうが、
エロの需要をあなどってはいけない。

VHFもDVDも、いま皆様が見ているインターネットも、
アダルトコンテンツが普及の一端を担ったのだ。
仕事疲れの解消に、夜の自家発電にいそしむビジネスパーソンがどれだけいるか、
と考えれば、むげにエロは捨てられないのだ。

ホテル用に、地デジチューナーとアダルトチャンネル用STBの共存ができる機器が
あったりするとは思うのだが、それだって安くはないだろう。
(なんたって民生用の需要がないのだから)

2011年8月には、ホテルでテレビが見れない、という事態もあり得る。
まあ、大体の携帯電話にはワンセグもついてるし…といっても、
ホテルは受信状態が悪いところも多かったりする。

地デジ普及の盲点「ホテル」…。
総務省はもっと早くに目をつけるべきだった。
ただその原因が「アダルトビデオチャンネル」では、
お役人には荷が重すぎるか。

|

« Mr.サンデー | トップページ | 期待の新人 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/48134304

この記事へのトラックバック一覧です: ハイビジョンへのカウントダウン、盲点は…:

« Mr.サンデー | トップページ | 期待の新人 »