« BSおすすめ番組撰(2)ぶらり途中下車の旅 | トップページ | スーパー書店 »

流行り風邪のようなtwitter

暇に飽かしてtwitter(ツイッター)なんぞをやっている。

といっても、「出勤なう」みたいなしょうもない日記的なことは書かず、
しょうもない芸能ネタやテレビのしょうもない感想などを
ちょこちょこ書いているだけなのだが。
(「ゆるいコミュニケーション」とやらも一切やってないし)

しかしtwitterの流行りっぷりったらないね。
あっという間に普及してしまった感がある。
ブログやmixiが現れたときと同じだ。

世耕弘成あたりの議員が国会そっちのけで携帯ポチポチやりながら
twitterを更新し続けているなんて話も聞くと、
凄いやら、情けないやら。

政治家のタマゴになりかけている有田芳生のブログなんか見てると、
「twitterで世界は変わる」
と、すっかりマインドコントロールされちゃってて(笑)
気味の悪さすら感じるのである。

こんなものしょせんブームだよ、と冷笑しているうちに、
あれよあれよと定着するのがインターネットの世界。

惜しいのは、ブログやSNSと違い、
twitterはアメリカ企業の独占事業ということ。
日本企業が(どころかヨーロッパも中国も)参入するのは不可能。

SNSサービスの場合、日本ではmixiが独占してしまったが
「マイクロブログ」サービスは、twitterが直接日本に来てしまった。

類似サービスを、マイクロソフトも国内企業も始めているようだが、
リツイートやフォローなど、twitterだからできる機能を実現するにはtwitterを使うしかない。
(そのうち、類似サービスと相互乗り入れのようなことも検討されるかもしれないけど)

孫正義は自社社員にも「twitter使え!」と命令したそうだが、
その儲けはほとんどアメリカに流れていくのだ。

まあ、正義の頭の中には、自分も儲けられる方法の青写真があるのだろうけど。

いずれ、こんなもてはやされるようなアイディア、
今度こそ、日本から生まれて欲しかったなぁ。

|

« BSおすすめ番組撰(2)ぶらり途中下車の旅 | トップページ | スーパー書店 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/47797031

この記事へのトラックバック一覧です: 流行り風邪のようなtwitter:

« BSおすすめ番組撰(2)ぶらり途中下車の旅 | トップページ | スーパー書店 »