« 今だから考えたい「とんねるず」 | トップページ | がんばれNifty »

頼みのツナはどこにある

ワシントン条約会議で、モナコが提案した「クロマグロ取引禁止」の条項を、アメリカが支持しているという。(時事

なんでモナコなんぞにそんなことを言われなきゃならんのか、モナカでも喰ってろ(笑)と思うが、いずれアメリカが味方になってくれない以上、「日本は苦しい立場」にある、という。

「クロマグロ」に限られてはいるが、いずれそれが制限されれば、ビンチョウなどほかのマグロにも影響は及ぶ。そして、クジラと同じように、日本人がマグロを食べられなくなる日がいずれは来る…、と、危惧をもつ人も少なくなかろう。

しかし。
はっきり言って、マグロなんぞ喰わなくとも人間は生きていける。ほかに美味しい魚はいくらでもあるではないか。

確かにあのトロの風味、赤身の色と食感はほかの魚では代用できないかもしれない。でも、人間に必須の栄養源があるわけでもない。

必死の抵抗をして、世界から白い目で見られる代償としてまで、高級マグロを食すことはあるまい。

昔はトロと赤身の地位は逆で、トロは身分の低い人間が食べていたという。さらに昔は「シビ」と呼ばれ、マグロ自体、大衆魚以下の存在だったようだ。(いちえ まぐろ事典

人間なんていい加減なものである。

|

« 今だから考えたい「とんねるず」 | トップページ | がんばれNifty »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/47720820

この記事へのトラックバック一覧です: 頼みのツナはどこにある:

» クロマグロ禁輸で庶民派メバチ、キハダが値上がりするらしい [胡麻と白と目覚めから]
ワシントン条約会議の結果次第では、 大西洋地中海産クロマグロの輸出が禁止されるようなことを ニュースでやっていた。 日本人はマグロが好物、庶民的なものから高級料理 いたるところに刺身と言えばマグロ。 マグロといってもクロマグロのほかに、 ...... [続きを読む]

受信: 2010.03.13 04:07

« 今だから考えたい「とんねるず」 | トップページ | がんばれNifty »