« 考察 | トップページ | BSおすすめ番組撰(4)おぎやはぎのそこそこスターゴルフ »

人間は脅かされたい

「たけしのみんなの家庭の医学」(ABC、テレビ朝日系)。今年に入って「本当は怖い家庭の医学」からリニューアルした。

再現ドラマを流し、「○○をしなかったから」「○○な生活だったから」、この人はこんな恐ろしい病気にかかってしまったのだ、という恐怖心を植え付けるような演出が、この番組のそれまでのウリだった。

リニューアル後はそういうVTRを控え、「○○をすれば健康になる」という方向に舵を切った。スタジオセットも白を基調としたカラフルなものとし、「前向きな番組」であることをアピールするようになった。

ところが、それで視聴率は下がってしまった。しかも「○○をすれば健康になる」、つまり「健康法」を番組の核にした結果、番組の内容が、まんま「発掘!あるある大事典」のようになってしまっていた(笑)。

そこでこの番組がとった方策は、ズバリ「先祖返り」。「○○をしないと病気になる」という演出を復活させ、再現ドラマも再び流れるようになった。

きょうのスペシャルでは、病気になる可能性のあるゲストを指名する「レッドゾーン」も復活。番組構成も、重篤な病気になった芸能人の生活を再現VTRで紹介しながら、病気の恐ろしさを伝える、という、まさに「本当は怖い」時代に戻ったような内容がメインとなった。

やっぱり人間は尻に火をつけてもらいたいのだろうか。能動的に幸福を求めるより、不幸でないことの証明をしてもらいたい、そのためなら脅かされてもいい、という本能があるということを、内容が迷走するこの番組は教えてくれるのだ。

しかし最も不幸なのは、リニューアルで切られてしまった「渡辺真理」だろうな。

|

« 考察 | トップページ | BSおすすめ番組撰(4)おぎやはぎのそこそこスターゴルフ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/47893245

この記事へのトラックバック一覧です: 人間は脅かされたい:

« 考察 | トップページ | BSおすすめ番組撰(4)おぎやはぎのそこそこスターゴルフ »