« なんくるないサー! | トップページ | 放送予定はありません »

インターネットラジオ、実現中

噂のサイマルラジオ「Radiko」にアクセス。
結果から言うと、『岩手でも聴けた』。

TBS、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、
インターFM、TOKYO FM、J-WAVEが聴取可能である。
AMも、ステレオのクリアな音声で聞くことができる。(短波はモノラル)

某FM局のネット配信のように『音楽抜き』『CM抜き』になったりもせず、
ほんとうにラジオ放送がそのまま配信されている。
著作権やスポンサー問題に関してはクリアされているようである。
(時報はさすがにカットされている)

Niftyの場合、ダイナミックにIPを割り振っているため、
Radikoのサーバからは、どこからのアクセスかは一切分からない、
だからどうぞお通り下さい、ということになるようである。

ただ、NiftyのIPアドレスはしっかり「TOKYO」と入っているため、
残念ながら大阪版のRadikoは見ることが出来ない。

詳しいことはIMPRESS AV Watchが解説しているが、
サーバ側でユーザのIPから地域を類推して通す通さないを決めているようだ。

2ちゃんなんか見ると、Niftyでもうまくいかない人もいたり、
さらに地域内プロバイダでも蹴られたり、
大阪在住でも東京と判定されて在京局バージョンしか聴けなかったりと、
地域制限はあまりうまくいっていないようだ。

なお、自分のプロバイダの地域情報を確認するのは
J-Castの「コアラのマーチの天気予報」が便利な模様。
ただ、これとRadikoでは判定方法に違いが出る場合もあるようなので注意。

AV Watchによると、対応しているのは「FLASHを使えるパソコン」だけのようで、
iPhoneやプレステ3では、東京都内からアクセスしても、
画面が表示されずラジオも聴けないようである。

録音ソフトを使えばハードウェア(サウンドカード)経由で録音は可能である。
すべて自動化すれば「オンデマンド」もできそうな気もするが、
まあ今はぜいたくは言うまい。

先述通り、地域制限については付け焼き刃もいいところで、
対象外地域なのにアクセスできたり、対象内地域でもアクセスできなかったりと、
いい加減この上ない。

たぶん、アカウント制みたいにすることも予想されるが、
そんなものいくらでもウソついてアクセスする奴は出てくる。

…だから無駄なんですよ。地域制限制は。

もう地域制限など取っ払って、逆に、
ビビっていると思われがちな「地方局」にもじゃんじゃん参入してもらったらいいのだ。

地方は不利だ」などとマイナスなことを言う人もいるが、
これは逆にチャンスととらえないと。

秋田のラジオを鹿児島の人が聞くなんて、オモロい話ではないか。
「ネットがよく分かってないけどラジオには出稿する」スポンサーにとっても、
ビジネスチャンスが生まれるかもしれない。

まあ、電通や博報堂などの広告代理店がいろんな横やりを入れながら、
このRADIKOは始まっていることは想像に難くなく、
あとは代理店様が、どう考えるか、である。
(逆にやれやれ!とけしかけているのならそれはそれで喜ばしいことであるが)

|

« なんくるないサー! | トップページ | 放送予定はありません »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/47821441

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットラジオ、実現中:

« なんくるないサー! | トップページ | 放送予定はありません »