« 自分破壊王 | トップページ | モヤさまの短縮 »

ラジオ局のネット同時放送

首都圏と大阪のラジオ局がコンソーシアムを組み、
インターネット上での同時(サイマル)放送に踏み切ることとなり、
話題になっている。(朝日

AM・FM・短波局が、インターネットにつながっているパソコンで
放送を聴くことが出来るサービス。
料金はとらず、特殊なソフトも要らないという。
著作権問題もクリアしているようだ。

欧米では成功しているといい、
我が国でもテレビ以上にしぼむラジオ市場の掘り起こしを狙い、
インターネットの力を借りる。

「聴取者の地域制限」。
ほとんどの人はここに反応するだろう。

在京局は1都4県、在阪局は2府2県でしか聴取できないよう、アクセス制限する。
たとえば北海道や沖縄からはアクセスできない。
(でもラジオNIKKEIはこの制限、要らないはずだけど)

当然ながら巧妙なプロキシなんかを使って聴いちゃう人が続出しそうな気がするが。

ただ、このアクセス制限については現段階では「当然」と思う。

記事にもあるが、
いきなり「高田文夫や浜村淳の番組が全国から聴取できますよ~」なんてやったら、
地方局は大反発するに決まっているからだ。

東京や大阪のラジオが聴ける、となれば、
地方在住者がこぞって手を出すのは間違いない。

アタシだって田舎くさい「IBC岩手放送」より
TBSとかニッポン放送聴きたいもの。(笑)

以前も書いたが、なぜIBCラジオを聴かないかと言えば、
子供の頃に住んでいたところはIBCがほとんど聴取できない地域で、
代わりにニッポン放送や文化放送なんかを聴取していたからである。

盛岡に越してきたいまも、ネット番組「オールナイトニッポン」を聞く程度で、
IBCの自社制作番組はほとんど聴かない(FM岩手はたまに聴くけど)。

岩手県は山岳地帯が多く、中継所を細かく設置していかなければならない。
しかしIBCは民放。採算面を考えると、
あまり人が住んでいない場所に中継所を作るわけにもいかない。
(でも俺の田舎はそんな過疎地帯じゃなかったぞ)

だからこそ、IBCのような放送局こそ、
ネット放送はのどから手が出るほど欲しいはずだし、
その証拠に、ポッドキャスティングにも手を出している。

IBCを田舎くさいと言ったが、逆にこれが新鮮に感じる層は全国にいるはず。
IBCなんかは、(コストがかからないのなら)
逆に「地域制限なし」でのサービスをやりたいのではないか。

IBCは基本的に県域広告なので、他県在住のリスナーは一見無駄だが、
反響がめぐりめぐって県内に跳ね返ったりというのは十分にあり得る。

ネット放送上で全国的な広告主を集めることだって不可能ではないだろう。
そのチャンスは、全国の地方局にあるということになる。

ただ、ラジオ局の経営モデルがひっくり返ってしまうのを恐れる人は多いだろうが…。

コミュニティFM局では、木村太郎が音頭をとって、
すでにネット上のストリーミング放送「サイマルラジオ」を立ち上げている。
こちらは地域制限はない。

AM・FMのネット放送も、地域制限なしで
やろうと思えばすぐにでもできるだろう。

広告との兼ね合いや、放送法令との調整などの課題はあれど、
免許外の地域では有料サービスを導入するなど、
やり方はいろいろあるはず。

冒頭に紹介した地域制限付きネット放送は、
いかにも中途半端なやり方だし、
YOUTUBEなどでモグリの音源が増えるだけ。

放送局、行政、広告代理店の皆様。
縮小する放送市場を、看過したいんですか。

|

« 自分破壊王 | トップページ | モヤさまの短縮 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/47552881

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ局のネット同時放送:

« 自分破壊王 | トップページ | モヤさまの短縮 »