« ラジオ局のネット同時放送 | トップページ | 春風亭百栄 »

モヤさまの短縮

昨年暮れにIBC岩手放送でも「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京)が始まったが、
本来は40分枠で放送されている当番組を、
地方(テレ東系列局以外)では30分に短縮したものが放送されているようである。(Wikipedia

その短縮されている様子を検証すべく、
昨年11月5日に地デジでテレビ東京を録画したもの(出張の時にPCで録った)と、
今年1月19日に実際にIBCで放送された「短縮バージョン」を比較してみる。

もちろん同じ回。日付をみていただければ分かるように、岩手では2ヶ月半遅れている。

この回は、この番組の主目的である「散歩」ではなく、
過去の回でおとずれた食事の店から大賞を選ぶという特別企画であり、
サンプルとしてはよくないが、この回しか比較対象がないのでしかたがない。

Ms01TX ONLY
テレビ東京では「バラエティ7」という枠での放送で、冒頭に
各曜日の番組内容を紹介するVTRがまず最初に放送される。
「モヤさま」「きらきらアフロ」「ゴッドタン」はすべてIBCで放映しているが、
上記以外は岩手では未放映である。

それにしても、IBCの“テレ東好き率”は異常ですらある。
(まあ、スポンサー都合で?「レディス4」が打ち切られた代償として、
ドバッとテレ東番組が流入してきたというのもあるが)

Ms02TX ONLY
クロスプログラム(予告)は、IBCでも放送されることもあるが、
この回は短縮版ではカット。

Ms03
テレビ東京では、地デジの局名表示を利用して
「柔道グランドスラム」番宣をしていた。

Ms04aTXMs04b
番組開始後、いきなり違いが発生。左上のサイドテロップに注目。
「本日はモヤモヤ食欲の秋SP」をマスキングし、
短縮版では「モヤさま美味しい飯ランキング」に変更してある。

放送日の違いに配慮しているのかどうか分からないが、
IBCでこの回が放送されたのは真冬も真冬である。

Ms05TX ONLY
ナレーションの“ショウ君”が語り始めるアバン
(冒頭の趣旨説明部分)は短縮版ではカット。
蛇足ながら、今回は総集編ということで、
このちゃぶ台で何かを食べている映像をはじめとして、
IBCでは未見の映像ばかりであったのは言うまでもない。

Ms06
この場面は同じ。

Ms07TX ONLY
ド速いテロップで、今まで行ったのであろうお店を紹介する場面は
短縮版ではカットされた。

Ms08TX ONLY
この後、思い出の店を3人でトークするが、
なぜかこの「目白 ビアレストランアミ」について大竹が言及するくだりだけは
短縮版でカット。

Ms09
絵面に変化がない回なので申し訳ないが、
このあたりはどちらのバージョンも同じ場面が続く。

Ms10
「スナックキャンドル」「レストランとらのもん」のシーンのあと、
個人別ベスト5を発表していくところも同じ。
短縮版ではCMをはさんだが、結局その後も同じシーンが続く。

Ms11
2年ほど前の映像のようであるが、
言われてみれば、大江アナがほんの少し若い。

Ms12
なんで大竹が工事現場みたいな格好をしているのか
前後関係がさっぱり分からない(笑)
いずれ、この部分も、短縮版でも放送されている。

Ms13aTXMs13b
番組も後半になったところで、ちょっとした変化に気づいた。
緑色の四角に注目。短縮版では回数の表示をしていないのだ。
テレ東では「第26回」という表示がされているが、それが消されている。
地方では放送されていないから、ということなのか??

Ms14
わずかな差異。ショウ君のナレーション。
テレ東では「第1位は、DVDのCMベースになるくらい印象的なシーンに貢献してくれた“麺新華”」だったが
短縮版では単に「第1位は、“麺新華”」と、BGMごとバッサリカット。
映像でも「CMにも使われる」というテロップがそのまま放送されたので、かなり違和感が残る。

Ms15
第1位「麺新華」に表彰状(ゴザ)を届けに行くシーンで、
短縮版ではリフレインつきのCMまたぎをしたが、
テレ東版ではそのまま続行。

Ms16Ms16b
で、3人が結果を振り返っているシーンまでほぼ同じシーンが続き、
結局IBCではここで次回予告(「阿佐ヶ谷」)となった。

Ms17TX ONLY

Ms18Ms19

TX ONLY
ここ以降はテレ東版のみ。
「つぶさん」ことつぶやきシローがプレゼンターとなって、
「スナックキャンドル」「レストランとらのもん」に
「特別賞」を授与しに行くシーン(約6分間)は、
短縮版ではまるまるカット。IBCでは見られなかった。

Ms20
次回予告はIBCも同じだったが、次の回で、こんなシーンは放送されなかったぞ?
短縮版はいろいろカットされているようである。

早回ししていて思ったが、テレ東の放送は40分枠といっても、CMが長い。
2分半~3分のCM枠が3回もあった。
とはいえ、今回はつぶやきシローのくだりがバッサリカットとなるなど、
やはり「短縮版」は「短縮版」なようである。

ということで、地方局で「モヤさま」を見ている人は、
毎回どこかしらを切り取られたり加工されたりしているバージョンを
見せられているという事実があらためてわかった。

ま、このバージョンも回数表示をいちいち消去したりと、手は込んでいて、
「特製」といえば「特製」なのかもしれないけど…。

(追記)
てれびまにあ。」によると、『プレイボーイ』が
『モヤさま』ゴールデン進出説を唱えている。
過去数回ゴールデンで放送したが数字はさんざんだったようで、
この記事も、ガセであってほしいが…。

|

« ラジオ局のネット同時放送 | トップページ | 春風亭百栄 »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

別に、深夜枠でやるんなら40分でも問題はないはず。
10分くらい後ろの番組がずれたっていいのに。どうせ通販しかやらないんだし。

投稿: たかはし | 2010.02.15 19:47

短縮版はカットするだけでなく、テロップ類の細かいところまで修正してあるんですね。
明らかに途中から放送を開始した地域に配慮してますね…。

きらきらアフロは40分枠のものを放送している所もあるようですし、せっかくならモヤさまも40分で…なんて考えてしまいます(笑)

投稿: ホウス | 2010.02.15 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/47567708

この記事へのトラックバック一覧です: モヤさまの短縮:

« ラジオ局のネット同時放送 | トップページ | 春風亭百栄 »