« 発信力 | トップページ | 豪胆だからモンスター »

歴史の転換点~ウィルコム

ウィルコム、会社更生法申請。負債2060億円。(朝日

事実上の倒産である。
次世代サービスの投資などが重荷になったようだ。(財経新聞

当初、私的整理に持ち込もうとしたが、銀行からケチをつけられ、
「企業再生支援機構」から融資を受けての法的整理に切り替えた。
ソフトバンクや国内投資ファンドが新たなスポンサーになるという。
このあたりは昨年から報道されていたことである。

もちろんPHS事業は継続されるとのこと。

個人的にも、感慨深いニュースである。
DDIポケット時代からのユーザだったが、昨年、携帯電話に乗り換えたのだ。

機種を買い換えたばっかりだったものの、
従前からPHSの不便さを感じており、思い切って携帯に変えた。

1年使ってみて、携帯電話の便利さを改めて感じた。
携帯向けインターネットもようやく見れるようになったし、
おサイフケータイ機能も便利だし。
結構な田舎でも、携帯は通じたりする。(ピッチは推して知るべし)

ウィルコムでもインターネットはできるが、
PHS用サイトはごく少数で、通常はパソコン用回線で接続し、
パソコン用サイトを見るしかなかった。

カメラもあるし、音楽機能もあったし、
スマートフォン風情の高機能な機種もあったが、
ウィルコムそのものが、携帯3キャリアから仲間はずれにされるなどの
ディスアドバンテージのほうが多すぎた。

一時、ウィルコムはデータ通信を前面に押し出し、
デンワをあきらめた時期があったが、
それがマイナスになったのだろう。
モバイル通信はいまや携帯でもできる。PHSの優位性は揺らいでいた。

もともとはDDI、現在のKDDI(au)グループだったが、
グループ内競合となることから、カーライルという外資に買われていた。

悲劇はそこからはじまっていたのかもしれないが、
結局は、KDDIのライバルであるソフトバンクの出資を受けることになった。
今後はソフトバンク傘下となって、同社のメニューの一つになるのだろう。

PHSの歴史の転換点となった日である。

|

« 発信力 | トップページ | 豪胆だからモンスター »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/47601988

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の転換点~ウィルコム:

« 発信力 | トップページ | 豪胆だからモンスター »